【2020年新作時計速報】エルメス(HERMÈS)

“アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ”の新作をはじめ、独創性と審美性を兼ね備えた良作を発表したエルメス。“Watches & Wonders 2020”で発表されたばかりの新作速報をお届けしよう。

コンプリケーションの概念を型破りなアイデアで表現した二つの新作に注目

 世界有数の老舗メゾンとして知られるエルメス。一般的にはバッグ、スカーフ、香水などの印象が強いかもしれないが、1920年代にすでに時計の発売を開始しており、実は時計との関わりも非常に深い。

 78年にスイスのビエンヌに時計製造に携わるエルメス・オルロジェ社を設立して以降、代表作のアルソーをはじめ、ケープコッドなど、様々なアイコンモデルを輩出しているが、近年、時計好きの間で大きな話題となったモデルといえば、19年に発表された“アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ”だろう。

 古典的なムーンフェイズをユニークな機構で表現したこのモデルは、日付け表示と時刻表示を独立した2枚のスモールダイアルに設け、この二つが対となりながら文字盤上を59日で1周、文字盤上に表現された二つの月の上を二つのスモールダイアルが通ることで月の満ち欠けを表現する。その独創的な機構に加え、特許を取得した独自開発キャリバーを搭載したことも大きな注目を集めた。

 2020年は、この“アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ”から、それぞれ組成の異なるメテオライト文字盤を採用した三つの限定モデルを発表したほか、薄型自動巻きコレクション“スリム ドゥ エルメスGMT”からも新作を発表。両モデルとも、伝統的な機能を審美性の高い意匠とユニークな機構で再解釈し、エルメスの技術力の高さを知らしめている。

 

アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ

 アルソー ルール ドゥ ラ リュンヌは、北半球と南半球のムーンフェイズを同時に表示し、地球の衛星である月を、まったく新しい視点から眺めることができる斬新な機構を備えたコンプリケーションモデル。2019年にメテオライト文字盤、アベンチュリン文字盤の2モデルが先んじて発売されているが、20年は新たにブラックサハラメテオライト、月のメテオライト、火星のメテオライトと、三つのモデルがラインナップに加えられた。

 やはり、目を引くのがその独創的な機構だろう。ムーヴメントは、エルメスのために開発された特別なモジュールを備えた自社製のCal.H1837を搭載。メテオライト製の文字盤には二つの可動式スモールダイアルが設置されており、このスモールダイアルは、自社製ムーヴメントと連動した独自開発のモジュールによって文字盤の中を59日で一周する。メテオライト文字盤にはマザー・オブ・パールの象嵌で立体的な月が表現されており、月の上をスモールダイアルが衛星のように通過することで月齢を表示する仕組みだ。

 12時に配された月には、創造力豊かなデザイナー、ディミトリ・リバルチェンコによるペガサスのシルエットがあしらわれており、北半球から見た月面をリアルに描いた6時の月との対比により、魔法と現実が溶け合った独創的な世界観を生み出している。

ⒸJoël Von Allmen

■WG(ブラックサハラメテオライト、43mm径)。3気圧防水。自動巻き(Cal. H1837)。世界限定30本。国内発売未定

 

スリム ドゥ エルメス GMT

 2015年の誕生以来、メンズラインのクラシックモデルとしての地位を確固たるものにしている“スリム ドゥ エルメス”。昨年発表された“スリム ドゥ エルメス GMT”から、ピンクゴールドケースを採用した新作がラインナップに加えられた。

 まず目を引くのが、9.48mmの超薄型ケースと美しいコントラストを生む青い文字盤だ。サンドブラストメッキ加工の細いバトン針が時を刻む文字盤には、サンバースト仕上げを施したチャプターリング、スネイル仕上げの中心部、日付カウンター、そして、インデックスが散りばめられたシルバーのグレイン仕上げのGMTカウンターを配置。絶妙な間隔で配置された軽やかなインデックスはその特徴的なタイポグラフィと相まって、視認性を高めている。

 優美なケースの内部には、マイクロローターを装備したエルメス・マニュファクチュール製の自動巻ムーヴメント、Cal.H1950を搭載。アジェノー社がエルメスのためだけに開発した1.4mmのGMTモジュールを採用することで、時・分・日付け表示、デュアルタイム表示、ホームタイムとローカルタイムの昼夜表示を備えつつ、2.6mmと超薄型の設計を実現している。

 裏ブタはシースルーバック仕様。“H”モチーフの装飾、手作業で面取りされたブリッジ、コート・ド・ジュネーブ装飾を施したサーキュラーグレイン仕上げのモジュールなど、ムーヴメントの機能美を楽しむことができるのも大きな魅力だ。

ⒸCalitho

■K18PG(39.5mm径)。3気圧防水。自動巻き(Cal. H1950/42時間パワーリザーブ)。予価222万円+税(9月頃発売予定)

文◎Watch LIFE NEWS編集部

【問い合わせ先】
エルメスジャポン(TEL:03-3569-3300)
エルメス公式サイト
www.hermes.com

オススメ記事

  1. 【2020年新作時計速報】ピアジェ(PIAGET)

  2. 【グッチ新作速報】秒針にビーモチーフがあしらわれた“G-タイムレス”ス…

  3. 人気のアイコンオートマティックコレクションにブロンズ限定モデルが登場

  4. ローマン・ゴティエが、初のステンレススチールモデル「プレスティージ H…

  5. ネオン×ビッグサイズで個性を演出! スウォッチの人気コレクションから新…

  6. SWATCH(スウォッチ)と映画007がコラボレート! 新作“ジェーム…

  7. 【ブランド史上最長パワリザ!】“セイコー ルキア”から、白蝶貝をベース…

  8. 【ペアウオッチにもおすすめ!】文字盤に溝を配した大胆なデザインの、“ヤ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計