【2020年新作速報】オーデマ ピゲがロイヤル オーク オフショア クロノグラフの新作3モデルを発表

 オーデマ ピゲから、八角形ベゼルに象徴されるロイヤル オークのなかでもスポーティかつマッシブなデザインが人気のオフショア クロノグラフに新作3モデルが発表されたので紹介しよう。

 今回、文字盤に採用された特徴的なメガタペストリー模様に、インデックスにはこれまでよりも大きめのアラビア数字が採用された。それによってよりメリハリの効いたデザインになり雰囲気も一新した感じだ。

 加えて、44mm径のブラックセラミックケースを新たに採用。全体がグッと引き締まり精悍な印象に仕上がっている。カラーはスモークブルー、グリーン、そしてグレーの3色展開。テキスタイル加工が施された文字盤と同色のラバーストラップがセットされた。この大振りケースがサイズ的に許されるならば、この配色はこれからの季節のラフなファッションにも、差し色としてカッコよく決まるのではないか。

 なお、ブルーとグリーンの2モデルには、セラミックケースにセラミック製のベゼルとプッシュボタン、ネジ込み式リューズをセット。プッシュボタンガードにはチタンが使われた。一方のスモークグレーダイアルは、ベゼルとプッシュボタンガードに18金ピンクゴールドを採用する。

 搭載する自社製自動巻きムーヴメントは365個の部品で構成されるCal.3126/3840。2万1600振動で約50時間パワーリザーブを有する。

(左)Ref.26405CE.OO.A030CA.01(ブルーセラミック)、401万5000円。(中)Ref.26405CE.OO.A056CA.01(グリーンセラミック)、401万5000円。(右)Ref.26405NR.OO.A002CA.01(K18PG)、495万円

問い合わせ:オーデマ ピゲ ジャパン TEL.03-6830-0000

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. 【各15本のみ】総編集長・菊地が80年代デッドストックのスイス製手巻き…

  2. 90年代の“ホログラムウォッチ”を復刻、フォッシル創業35周年記念の限…

  3. 37mmと細身の人にもシックリくる! モリッツ・グロスマンの小振りでス…

  4. 【第4回】業界再編を促したETA2010年問題

  5. SEIKO(セイコー)×SONY wena wrist(ソニー ウェナ…

  6. スーツスタイルにマッチする! ビジネスマン必見のセイコーブライツ周年記…

  7. おしゃれで便利なソーラーウオッチ、“キューアンドキュー スマイルソーラ…

  8. 日本初上陸のブランド“ブレダ”がシンプルで使いやすいコレクションを発売…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計