【コスパ抜群】ゾンネの新作は日本製ムーヴメントを搭載して2万円台だ!

 メカニズムを強調した凝った造形が魅力となったゾンネ×ハオリ プロデュースドのダブルネームコレクションから最新モデルが登場。日本製機械式ムーヴメントを搭載した、この最新作の魅力に迫っていきたい。

 以前、ゾンネのダブルネームコレクションの新作“N027 メカニカルダイバー”について取り上げたが、今回はもうひとつの新作“N028 クラシカルオートマティック”を紹介したい。
N028 クラシカルオートマティック
■Ref.N028PG-BK。SS(42mm径、ゴールドIP加工)。5気圧防水。自動巻き(セイコーエプソン社製)。2万5300円

 N028は、ダブルネームコレクションを代表するベストセラーの“H016”シリーズの後継機にあたる。
 クラシカルなセミスケルトン仕様の文字盤、そして滑らかな装着感とラグジュアリー感を兼ね備えたベルトなど、前作の基本デザインは踏襲しつつも、新たにパワーリザーブインジケーターが装備され、実用性を高めた。
装飾美と機能美を融合したデザインは新作にも踏襲されている

 そして本作における最大の特徴が、先のN027 メカニカルダイバー同様、“日本製機械式ムーヴメントを搭載しつつも2万円台”という高いコストパフォーマンスを実現している点だ。
 ムーヴメントは信頼性の高いセイコーエプソン社製の自動巻きを搭載。この価格帯を実現するためにムーヴメントの仕上げこそ質素なものの、その動きを見ることができるシースルーバック仕様となっている。

メタルのコマを組み合わせ、高級感をプラスした独自のベルトを採用する

ケースは42mm径とやや大振りだが、フィット感に優れたラバーベルトを採用しているため、安定感がある

 

ラインナップは全4種
 バリエーションは上のN028PG-BKを含めて全4種。定番のブラックやホワイトに加え、ブルーなどのカラー文字盤も展開される。
 なかでも注目してもらいたいのが公式EC限定で展開されるRef.N028SS-GYだ。
 メカニカルな造形美が強調された意匠が華やかでありながらも、グレーに近いシルバーの文字盤カラーを採用することでスタイリッシュな雰囲気をプラス。落ち着いた印象を醸し出している。
公式EC限定モデル。Ref.N028SS-GY。2万4200円

(左)Ref.N028PG-WH。2万5300円 (右)Ref.N028SS-BU。2万4200円

 

文◎堀内大輔(編集部)/写真◎笠井 修

【問い合わせ先】
ウエニ貿易 TEL:03-5815-3277
https://sonne-watch.jp

オススメ記事

  1. 【10万円台の価格破壊モデルも登場】デイリーユースの“トゥールビヨン”…

  2. 【ハミルトン、オリエントスターほか】時計ショップ別、売れ筋モデルBES…

  3. 【京都発の国産時計!?】“KUOE(クオ)”が新作の先行発売を開始-モ…

  4. いよいよデリバリーが開始される“ハマティック”。その独創性に富む自動巻…

  5. 【10万円〜20万円台から探索】編集部が注目する、新世代の“ジャパンウ…

  6. ドイツ時計の魅力を再考する<ジン>

  7. 【ひょっとして時計好きなのか】アメリカ合衆国次期大統領!? バイデン氏…

  8. 【予算1万円で編集部が選出】コスパ抜群、デイリーユースで使える“3針モ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計