【ひょっとして時計好きなのか】アメリカ合衆国次期大統領!? バイデン氏が愛用する時計-第2弾

 波乱のなかで2020年11月30日に投票が行われたアメリカ大統領選挙。全米各州の大勢が判明し、民主党のバイデン前副大統領が、過半数を大幅に上回る選挙人を獲得する結果となった。今回は、長年の政治活動においてバイデン次期大統領が着用しているコレクションを独自調査をもとに4本紹介する。

 何カ月にもわたった選挙キャンペーンで民主党はマントラを詠唱するかのように投票を促していた。 激動のジェットコースターに息を止めて乗っていた4年間から、変化を求めて開票した結果、サム・クックが “A Change Is Gonna Come “と歌ったように2021年1月20日、ジョー・バイデンがアメリカ合衆国の第46代次期大統領として宣誓することになる。

 政治家としてベテランであり、元副大統領でもあったバイデン氏は、40年以上にわたってアメリカ政治の中心人物として活躍してきた。ややエキセントリックな印象だった第45代大統領とは対照的にバイデン氏の性格は冷静で辛抱強いと評されているようだが、 その腕時計のコレクションにも彼自身の冷静な態度を反映していると思われる。


※写真の時計は編集部の私物

 以前、ウオッチライフニュースの記事でも紹介したが、バイデンは、オメガ シーマスター ダイバー300を愛用していることで知られており、1本目はブラックダイアルとベゼル、2本目はホワイトダイアルとゴールドベゼル、そして3本目はブルーダイアルとブルーベゼルの3本を保有している。(参照:https://www.powerwatch.jp/2020/10/28/2020-10-28-president/)


 オメガシーマスターは5,000米ドル以上と高額だが、選挙キャンペーン中にバイデンが手首につけていたのは庶民にも手が届きやすい、セイコー7T32-6M90だったようだ。 1992年頃に製造されたクォーツ式のクロノグラフで、当時の販売価格は100米ドル。ケースサイズ39mm、クリーミーなホワイトダイヤルにシルバーのケースブレスレットにゴールドのプッシャーが見事にマッチングしている。


 また、セイコーとは別に着用が確認できたのが、1999年に第一世代が発売されたティソのT-タッチコレクション。 写真は最新のモデルだが、彼が着けているのは第一世代モデルと思われ、ケースサイズで40mm、ETAのE40.301ムーブメント。 この時計の特許は、1995年にスウォッチグループが所有するスイスの研究開発機関アズラブによって申請された時計である。

 機能はごく標準的なアナログとデジタル時刻表示に加え、風防をタップすると気象情報、高度計、クロノグラフ、コンパス、アラーム、温度計などの確認することが可能だ。 何回かの製品アップグレードを経て、850米ドルから購入することが可能だ。


 最後に紹介するのはヴァルカンのクリケット。 10年近く前に撮影されたと思われる写真で確認できたものだが、このセレクトにはバイデン氏のセンスの良さがうかがえる。

 ヴァルカンは、1858年にスイスのラ・ショー・ド・フォンで、腕時計のアラーム機構を発明したディティスハイム家によって創業された老舗だが、同社の時計は歴代のアメリカの大統領たちに愛用された歴史をもつ。

 1858年にディティスハイム兄弟の工房からスタートしたヴァルカンは、最初に万国博覧会でいくつかの賞を受賞したコンプリケーション・ウォッチで名声を得た。 その1世紀後、機械式アラームムーヴメントを発表したことで世界的に有名になり、この伝説的なクリケットキャリバーは瞬く間に人気を獲得。第33代大統領のハリー・トルーマンを始めとして、第34代大統領のドワイト・アイゼンハワー、第36代大統領のリンドン・ジョンソン、そして第37代大統領のリチャード・ニクソンといったアメリカ大統領の手首にはヴァルカンの腕時計が着用されたのだ。

 バイデンが所有するヴァルカン・クリケットは、ホワイトダイヤル、ステンレススチールケースにダークアリゲーターストラップを合わせたもの。価格は10,000米ドル以上と推測される。

 以上、4本を紹介したが、独特のセレクトからも彼が時計好きであろうことが推測される。近い将来、バイデン次期大統領が身に着ける時計が注目を集めることがあるかもしれない。時計好きとしても、今後のどんな時計を選ぶのか、気になるところである。


文◎William Hunnicutt
時計ブランド、アクセサリーブランドの輸入代理店を務めるスフィアブランディング代表。インポーターとして独自のセレクトで、ハマる人にはハマるプロダクトを日本に展開するほか、音楽をテーマにしたアパレルブランド、STEREO8のプロデューサーも務める。家ではネコのゴハン担当でもある。

https://www.instagram.com/spherebranding/

オススメ記事

  1. 【日本上陸】RENE MOURIS(ルネモーリス)が手掛ける“無限”を…

  2. 【WLN女子部発】可愛らしい“動き”が楽しめる! 手の込んだ意匠をもつ…

  3. NTTドコモの“dマガジン”で、タイムギアの最新号“TIMEGear …

  4. 【グランドセイコーからショパールまで】ビジネスウオッチを選ぶ三つの注目…

  5. 【日本限定】ブライトリングから長らく親しまれたウィングロゴのナビタイマ…

  6. 話題沸騰! ダイスと黒電話をモチーフとしたテンデンスの斬新な最新作

  7. バイコンパックスのクロノグラフモデルを踏襲したSinn(ジン)の新作に…

  8. “ORIS(オリス)”から、270を超える自社開発ムーヴメントのスピリ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計