【日本未上陸だけどコレは欲しい!!】イギリスの実力派ブランド-“BREMONT(ブレモント)”の限定モデル

 イギリスの日本未上陸ブランド、ブレモントが、最新モデルとして同郷である英国の理論物理学者、故スティーブン・ホーキング博士に捧げる魅力的な限定コレクションを発表した。ブレンモント初のレディースウオッチを含む、4つのユニークな時計で構成されているので紹介していこう。

同郷の理論物理学者、ホーキング博士に捧げる限定コレクション

 イギリスのテムズ川沿いのヘンリーに本社を構えるブレモントは、2002年にニックとジャイルズ・イングリッシュ兄弟によって設立された日本未上陸の新鋭ブランド。主要コレクションはクロノメーター認定を取得し、すべての製品に3年間の保証を設定している実力派だ。パイロットウオッチを中心に多彩なコレクションを展開しているブレモントだが、今季に新作として発表したのは、同社と同じ英国出身の理論物理学者、故スティーブン・ホーキング博士に捧げるコレクションであった。


 スティーヴン・ホーキング博士は、1942年にオックスフォードで研究者の家系に生まれた。 17歳の時、オックスフォードのユニバーシティ・カレッジに通い、物理学の学位を取得。 62年にケンブリッジのトリニティ・ホールで応用数学と理論物理学の大学院を修了し、博士号を取得する。

 63年、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断されたホーキング博士は、徐々に麻痺を起こし、話すことができなくなる。晩年はアイトラッキングによる意思伝達装置を使用していたが、合成音声装置を用いてコミュニケーションを取っている姿を見たことがある人も多いだろう。

 ホーキング博士の有名な業績の1つに、74年に発表されたある論文がある。ブラックホールが放射線を放出することを論じた内容が物議を醸したが、70年代後半には理論物理学の分野で広く受け入れられるようになり、 博士は、宇宙論が一般相対性理論と量子力学を用いて説明できることを理論化した最初の人物となった。

 後に、自分の理論と一般的な宇宙論を素人向けに説明した名著“A Brief History of Time(邦題:ホーキング、宇宙を語る)”を出版。博士は自身の理論を誰にでも理解してもらいたいと考え、著書の最終行には“哲学者でも科学者でも、ただの普通の人でも、なぜ我々や宇宙が存在するのかという疑問の議論に参加することができるようになるだろう”という言葉が綴られており、35言語に翻訳され、記録的なベストセラーとなっている。


 そんなホーキング博士を讃えるモデル、“ブレモント ホーキング リミテッド エディション コレクション”は、ステンレススチール、ローズゴールド、ホワイトゴールドを採用したメンズモデル3本と、ステンレススチールにダイヤモンドをあしらったレディースモデル1本で構成されている。

 メンズモデルは、41mmのケースにデイト表示、扇形に運針するレトログラードを備えており、 ムーヴメントは29石、42時間パワーリザーブのCal.BE-33-AEを搭載。

 ブラック文字盤のステンレススチールは388本、ブラック文字盤のローズゴールドは88本、ブルー文字盤のホワイトゴールドは88本となっている。製造数に共通する“88”が特徴的だが、実はこの数字はスティーブン・ホーキング博士が記念すべき著書、“A Brief History of Time(邦題:ホーキング、宇宙を語る)”を出版した年である1988年=88にちなんでいる。

 右のモデルが“White Gold: £18,995 (約265万円)”、中央のモデルが“Rose Gold: £17,995 (約252万円)”、左のモデルが“Stainless Steel: £7,9955(約112万円) ”。


 手仕上げで加工を施したムーヴメントの裏面部分には、ホーキング博士が宇宙の謎について熟考していた机から採取した4枚のオーク材の円盤が施されている。元になったオーク材の机は18世紀初頭に作られたといわれており、家族から博士に受け継がれたもの。ホーキング博士の大切な財産の一つでもあったとされている。

 星のエッチングには博士が誕生した1942年1月8日のオックスフォードの夜空が投影されており、中央には宇宙を象徴する隕石の破片をレイアウトしているのも興味深い。


限定88本で発表された“ブレモント”初の女性用モデル


 メンズコレクションと共に限定88本で発表されたのが、ブレモントにとって初の女性用モデルとなる “ホーキングクォンタム”である。34mmのステンレススチール製ケースとポリッシュ仕上げのマットブレスレットを備え、ベゼルと文字盤のインデックスマーカーにダイヤモンドを施した エレガントな仕上がりとなっている。

 文字盤は隕石から作られており、ポリッシュ仕上げのニッケル針とペアになっている。 Cal.BE-92AVの機械式ムーヴメントは、クロノメーター認定を取得しており、38時間のパワーリザーブを備えている。“Ladies- Stainless Steel w/diamonds: £7,995(約112万円)”。


 シースルーバックの裏ブタには、渦巻くブラックホールを模したローターが施され、ブラックホールが時間の経過とともに収縮すると、放射線を放出するという博士の理論に敬意を表したデザインとなっている。

 ブレモントはこのコレクションを開発するにあたり、ホーキング家と緊密に協力し、売上の一部を宇宙科学の研究を支援するスティーブン・ホーキング財団と筋萎縮性側索硬化症(ASL)の障害を持つ人々に寄付を行う予定とのことだ。

 日本未上陸のブランドであるため実機を店舗で確認することはできないが、イギリスブランドらしい、質実としたデザインと堅牢な作りが実に魅力的である。ぜひ、日本でもブレモントの販売が開始されることを期待したい。

》ブレモント公式サイト:https://www.bremont.com


文◎William Hunnicutt
時計ブランド、アクセサリーブランドの輸入代理店を務めるスフィアブランディング代表。インポーターとして独自のセレクトで、ハマる人にはハマるプロダクトを日本に展開するほか、音楽をテーマにしたアパレルブランド、STEREO8のプロデューサーも務める。家ではネコのゴハン担当でもある。

https://www.instagram.com/spherebranding/

オススメ記事

  1. 【WLN女子部発】可愛いだけじゃもの足りない! 嗜好別“メンズライク”…

  2. 【地球環境に優しい時計】“トリワ”から海洋プラスチックゴミを素材に使用…

  3. 【驚異の100時間超えも登場!?】機械式の限界に挑戦する、“超ロングパ…

  4. 【WLN女子部発】艶やかなタヒチアン グレー MOPが素敵なショーメの…

  5. カール F.ブヘラ、“ヘリテージ バイコンパックス アニュアル”の新モ…

  6. 【太陽のめぐりを表現】“タックス”からユニークなデザインの時計が発売!…

  7. 【WLN女子部・ロレックス連載】アンティークらしい小振りで凝ったデザイ…

  8. ドイツ時計の魅力を再考する<ミューレ グラスヒュッテ>

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計