【写真】必ず確認したい五つの実機チェックポイント!

1、【リューズ】いちばん頻繁に使われるリューズ。特にネジ込みがしっかり閉まるか、日付けがある場合はゆっくり回して12時付近で日付けがしっかり変わってくれるかを確認

2、【ベゼル】Ref.16610の回転ベゼルは右回転できない仕様になっている。まずそれを確認することと、回したときのカチカチと止まるかをチェック。ついでに傷が最も付きやすい場所でしかも目盛りなどがあると修復が難しいため、見る角度を変えながら念入りに確認を


3、【ケース】ケースだが、表面の傷のなかで特に注意したいのがエクボと呼ばれる凹み傷。擦り傷程度ならなんら問題ないが、エクボの場合は修復が難しいうえに、強くぶつけたか、あるいは落として強い衝撃を与えた可能性もあるため中の機械への影響も考えられるからだ

4、【風防】Ref.16610の場合は、硬質なサファイアクリスタルガラスのため、あまりないかもしれないが、Ref.16610は縁の部分がベゼルよりも若干だが出ているため、この部分は指の腹でくるりと1周してチェックしておいたほうがいいだろう

5、【バックル】バックルも最も動かす部分なので前所有者のクセが出やすいところでもある。また、使用感が出やすいブレスレットの傷や歪みも一緒に確認しておきたい

 なお、写真ではわかりやすいように素手で触っているが、ショップの商品に触れる場合は、必ず手袋をして確認してほしい(おそらくショップで貸してくれるはず)。

オリジナル記事に戻る

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計