【この秋おすすめの3本を厳選】 北欧デンマークの腕時計“ノードグリーン”、秋色カラーの最新モデル

  • 公開:

 ミニマルデザインの宝庫、北欧諸国の中で一番南側にあるデンマーク。アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーといった有名デザイナーを多数の輩出しているデザイン大国である。

 北欧スタイルのミニマルデザインはカジュアルウオッチを中心に時計の世界にも大きな影響を与えおり、いまや各社が北欧デザインを踏襲したミニマルウオッチを展開しているが、そんななかキラリ光る注目のブランドを今回は紹介したい。それがデンマーク・コペンハーゲン発の“Nordgreen(ノードグリーン)”である。


 同社は、大学の同級生であったパスカー・シバムとバジリ・ブラントが当時27歳という若さで2017年に創設した注目のブランド。ブランド名の“Nordgreen(ノードグリーン)”は“NORD(北欧)“と“GREEN(自然)”を組み合わせたもので、デンマークのライフスタイル、自然などからインスパイアされたコレクションを展開している。

チーフデザイナーのヤコブ・ワグナー。ノードグリーンのほか、バング&オルフセン、カッペリーニなど、世界的ブランドでもデザインを手がけている。

 時計のデザインについては、同国出身で、世界ブランドでプロダクトデザインを手がけてきたデザイナーであるヤコブ・ワグナーを起用。シンプルで機能的でありつつ、ディテールに独自の個性を備えたデザインがほかの北欧系ブランドとはひと味違う魅力を感じさせる。


 ノードグリーンのデザインに対するこだわりが、代表モデルでもあるフィロソファー(写真左)とネイティブ(写真右)を見るとわかりやすい。北欧ブランドらしい極めてミニマルなデザインだが、ディテールは実に凝っており、ほかにはない個性をプラスしている。


 例えば、定番モデルであるフィロソファーに採用されている、文字盤外周にレイアウトされたアワーリング。内側に向かって傾斜を付けたフォルムに加え、表面にマイクロレベルの細かい横線を施すことで視認性を高め、スタイリッシュな雰囲気を加えているというわけだ。時針、分針、秒針に、それぞれ違うデザインを採用している点にもこだわりが光る。


》秋色カラーの最新モデルに注目


 今秋は定番コレクションであるパイオニアとネイティブから、ブラウン、グリーン、ブルーの新色を採用したモデルが登場。いずれのモデルも、文字盤の中央から放射状に筋目仕上げを施したサンレイダイアルを採用しており、見る角度によって光の反射が変化するのが魅力的だ。デンマークの自然を思わせる三つのカラーダイアルと、美しいコンビネーションを生み出している。


》今秋の新作-其の1
NORDGREEN(ノードグリーン)
パイオニア


 パイオニアは2020年に国際的なプロダクトデザイン賞として知られる“レッド・ドット・デザイン賞”を受賞したノードグリーンの定番コレクションのひとつ。3針よりも要素が多いこともあってクロノグラフは複雑なデザインになりがちだが、文字盤をワントーンに仕上げ、インダイアルをすり鉢状に仕上げて陰影を生み出すことで、シンプルな美しさと見やすさを両立したデザインを実現している。風力発電のタービンからインスピレーションを得たという、先端の赤くマーキングしたクロノグラフ針もこだわりのポイント。環境先進国であるデンマークらしい遊び心をデザインにプラスしている。


■パイオニア-サンレイグリーン 3リンクブレス。SS(42mm径)。10気圧防水。クォーツ(日本製)。3万2000円


■パイオニア-サンレイブラウン ブラウンレザー。SS(42mm径)。10気圧防水。クォーツ(日本製)。3万円


》今秋の新作-其の2
NORDGREEN(ノードグリーン)
ネイティブ


 もうひとつの定番モデル、ネイティブからは光の当たり方で表情を変えるブルーのサンレイダイアルを採用したモデルが登場。ネイティブは滑らかな曲線をデザインの軸に、“タイムレス・クラシック”をコンセプトとしているのが特徴になっており、角を落としたインデックスをレイアウトした文字盤からラグ、メッシュブレスレットへと、滑らかな曲線を取り入れたデザインに仕上げられている。


 立体的に仕上げたメタルインデックスの間には、透明な素材を使用した分目盛りをデザインしており、光の反射によって表情を変える。絶妙にバランスの取れたスリムなフォルムは、老若男女を問わず、幅広いユーザーの手首にフィットしてくれるはずだ。36mmのメンズモデルのほか、32mmと28mmの3サイズがラインナップされている。


■ネイティブ-サンレイブルー。SS(28/32/36/40mm径)。3気圧防水。クォーツ(日本製)。2万2000円


【問い合わせ先】
ノードグリーン
※ブランドが運営する日本語対応の公式ウェブサイトから購入

【公式販売サイト:ノードグリーン公式ページ

 

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 【時計というより、もはや芸術品】高度な職人技が生み出した、“ギョーシェ…

  2. 【時計界のダークホース、東欧ウオッチが熱い!?】陸海空を網羅するスロバ…

  3. 【まるでアンティークのクロノグラフ】アメリカ・インディアナ州発、日本未…

  4. 手頃な2万円台から編集部が厳選、70年代スタイルを継承した“ツーカウン…

  5. 【知っておきたい腕時計の基本】ダブルテンプは単にデザインとしてのものな…

  6. 【シチズンのアナデジテンプほか】時計ショップ別、10万円以下の売れ筋モ…

  7. 【自分好みが手に入る】カスタムウオッチ“ルノータス”で時計をオーダーし…

  8. 【2万円以下で厳選しました】コスパ重視の“お手頃クロノグラフ”セレクシ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計