【シグナルの画像をもっとみる】

ORIGIN
1959年に発表されたシグナルに搭載されたCal.2612のイラスト

 

全面がシースルーとなっていないのは、Cal.2612が裏ブタ内側に付属したピンをハンマーで叩くことで音を出す構造となっているためだ。また裏ブタには、ロシア語で“1959年に初のアラーム時計シグナルが誕生”と刻印されている

 

設定した時刻になると“ジー”という鈴虫の鳴き声のような音と振動で知らせてくれる。42mmとやや大振りのケース径で存在感もある

 

【問い合わせ先】
アンドロス TEL:03-6450-7068
https://sturmanskie.jp

 

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計