初めてのアンティークロレックスにおすすめのデイトジャストの第3世代はいまおいくら?|ロレックス通信 No.146

 今回のロレックス通信は久しぶりにアンティークについて取り上げたいと思う。と言ってもスポーツ系は現行モデルと同じく、価格的にはかなり遠い存在となってしまったため、高騰するロレックス市場のなかでも、まだ頑張れば手の届くデイトジャストで、初心者にもおすすめできる第3世代ついて紹介したい。

デイトジャストの第3世代。左はK18ホワイトゴールド製フルーテッドベゼル仕様のRef.1601で1971年製。右はステンレススチール製スムースベゼルのRef.1603で1970年製

 この第3世代はレファレンスでいうところの1600番台。製造期間は1959年から77年頃までと約18年というロングセラーとなったモデルだ。ではなぜ初心者にもおすすめできるのかというと、それより以前のレファレンスに比べると、搭載されている1500系と言われる自動巻きムーヴメントがとても優秀だからだ。

 この1500系だが、ムーヴメント自体は何と30年以上にわたって生産されている。つまり、設計変更する必要性を感じないほど、当時安定していてとても優秀だったことがうかがえる。しかも、ロレックスの自動巻きムーヴメントの基本設計を確立したムーヴメントという意味でも傑作と呼ばれる存在なのだ。

デイトジャストに搭載されたのは当初は毎時1万8000振動のCal.1565だったが1975年ごろからは毎時1万9800振動のCal.1575にスイッチ

 ゼンマイの巻き上げ効率を格段に向上させ、構造もシンプルで耐久性に優れた作りだけでなくトラブルも見つけやすく修理技術者からの評価も高い。そのため不具合も少なくアンティークウオッチのビギナーでも比較的に安心して楽しめるというわけだ。

 では、現在の実勢価格はいったいどれぐらいなのか、ざっと調べてみると人気のフーテッドベゼルタイプのコンビモデル、Ref.1601で40万円台半ばから60万円台といったところだ。一方のオールステンレスモデルのRef.1603だが、素材的に安いかと思いきや1601よりも目立って安いと感じるレベルではないようだ。

 この第3世代だが、いまでも現役で使用できる頑丈な作りとはいえ、狙う場合は多少高いかなぁ〜と感じたとしても、できるだけ高年式でコンデションの良い個体を選びたいところだ。

【写真】3代目デイトジャストのほかのバリエーションをチェック!

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。
2019年から毎週日曜の朝「総編・菊地吉正のロレックス通信」をYahooニュースに連載中!

オススメ記事

  1. かつて人気を博した90年代の時計たち! 【第8回|IWC GSTクロ…

  2. 8月16日と締め切り迫る! 支援金額1000万円以上! 俳優・木下ほう…

  3. 約2万円で時計の雰囲気がこんなに変わる!【俳優・木下ほうか氏】監修の古…

  4. パネライのヴィンテージモデルが、予想最高落札価格の3倍以上で落札

  5. 【ロレックス】通信 No.037|2カ月間で最大29万円の下落に。4月…

  6. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.06】リシャール・ミル…

  7. 【ロレックス】通信 No.022|ご存じですか? 日本限定リリースされ…

  8. さて、1カ月でどう動いたのか! 4月22日付け実勢価格定点チェック|ロ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計