【独創的な時刻表示とデザインに注目】スイス 発の独立系ブランド、“DWISS(デュウィス)” - Watch LIFE NEWS|ウオッチライフを楽しむ時計総合ニュースサイト

【独創的な時刻表示とデザインに注目】スイス 発の独立系ブランド、“DWISS(デュウィス)”

 DWISS(デュウィス)は2011年スイスに時計デザイナー、ラファエル・シモエンス・ミランダが創設した、日本未上陸の独立系マイクロウオッチブランド。


 ミランダは2006年から時計デザインのキャリアをスタートした人物で、過去に15ブランド以上の100本以上の時計をデザインし、デュウィスを立ち上げて以降も、ヨーロッパデザイン賞、アジアデザイン賞、そして2021年にIFデザイン賞など、時計のデザインコンペで複数のデザイン賞を受賞している。


 デュウィスは“時間の表示方法を革新し、新素材の使用を開拓し、販売チャネルに革命をもたらす”というコンセプトを提示している。ブラジルの鉱業会社CBMM専用に開発された合金を使ったモデルを製造したほか、オンラインサロンを介した時計の開発、支払い方法として暗号通貨の採用など、従来のブランドにはない独自のビジネスモデルを実現しており、デザインや表示機構についてもユニークで魅力的なモデルを数量限定で生産、販売している。今回は、そんなデュウィスから、特徴的な3モデルをセレクトして紹介する。


DWISS(デュウィス)
R2-SL Rubber

 “R 2”は、フォーミュラカーにインスパイアされたデザインが特徴の自動巻きモデル。サファイヤクリスタル製のアワーディスクを採用することで、三角形の時針が浮遊しているように見える“デュウィス・フローティングアワー・ディスプレイ”と名付けられた文字盤デザインが最大の特徴である。

 ケースのサイズは40mmで、厚さ10.5mm。ドーム型サファイアクリスタル風防を備えたケースの内部には、スイス製プゾー自動巻きムーヴメント、Cal.P224を搭載し、100m防水を備えている。


 ステンレススチールシルバーケース、ホワイト×ブルーダイヤル、ステンレススチールブラックケース、ブラック×レッドダイヤルと、2種類のスタイルから選択が可能だ。 それぞれ250本の限定生産で販売価格は、ステンレススチールブレスレットは1140ドル(約13万1千円)、ラバーストラップは990ドル(約11万3千円)。


DWISS(デュウィス)
M3-White Bracelet

 次に紹介する“M3”はデュウィス・ディスプレイス・アワーと呼ばれる奥行を感じさせる時刻表示が特徴となっており、文字盤の外周に時間、次に分、最後に秒の順で時間を表示している。建築物を思わせる立体的なレイヤード構造が目を引きつける。

 ケースのサイズは42mmで厚さ11.7mm。内部にETAの自動巻きムーブメント、Cal.2824-2を搭載。 サファイアクリスタル風防、ねじ込み式リューズにより200m防水を備える。文字盤色はブラック、ブルー、グリーン、ホワイトの4種類。


 それぞれ500本の限定生産。販売価格はラバーベルトが1390ドル(約16万円)、ステンレススチールブレスレットは1590ドル(約18万2千円)。


DWISS(デュウィス)
M3W-Green Bracelet

 最後の1本は デュウィスの10周年を記念して作られた新作、“M3W”。 ムーヴメントはセリタのCal.SW-200を改良し、ワンダリングアワーと呼ばれる表示形式した機械を搭載。外周の上部に00から60までの分表示を備え、時間表示は3つの回転するディスクを採用。10時間から2時間までの文字盤の周りの部分で時間を表示するというユニークな時間表示が目を引きつける。

 このワンダリングアワーのコンセプトは17世紀に考案したのが始まりとされており、過去に壁掛け時計やテーブルウォッチに採用されていたが、腕時計としてアレンジを加えている。


 42mmケース、厚さ14.7mm。ドーム型サファイアクリスタル風防を備えたケースの内部には、セリタのCal.SW-200を搭載。奇抜なデザインだが、ねじ込み式リューズにより、200m防水を備え、販売価格は、ラバーベルト付きが1990ドル(約23万円)。


 ステンレススチールブレスレット使用は2190ドル(約25万1千円)。ブラック、ブルー、グリーン、ホワイトの4色の文字盤がラインナップされている。それぞれ500本の数量限定生産。


》DWISS(デュウィス)
公式サイト
https://www.dwiss.com/


文◎William Hunnicutt
時計ブランド、アクセサリーブランドの輸入代理店を務めるスフィアブランディング代表。インポーターとして独自のセレクトで、ハマる人にはハマるプロダクトを日本に展開するほか、音楽をテーマにしたアパレルブランド、STEREO8のプロデューサーも務める。家ではネコのゴハン担当でもある。

https://www.instagram.com/spherebranding/

オススメ記事

  1. 【知っておきたい腕時計の基本】アンティークウオッチはなぜ防水性が保証さ…

  2. 【39mmの小さめダイバーズはいかが!?】名作“スキンダイバー”を完全…

  3. 【知っておきたい腕時計の基本】腕時計は精密機械。気温の影響を受けること…

  4. 【WLN女子部・ロレックス連載】アンティークらしい小振りで凝ったデザイ…

  5. セイコー、オリエントスター、タカノほか、10万円台で編集部が厳選した“…

  6. 【装着感で選ぶなら40mm以下!?】今年の夏は、機能的で着けやすい“小…

  7. 【WLN女子部発】小振りで可愛い! 20mm以下の小顔モデルをセレクト…

  8. 【出品される時計は世界で1本!】愛好家が注目するチャリティオークション…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計