バーゼルワールドで見つけた、黒い森の気鋭ドイツ時計

レーマンの正面とムーヴメント

 

LEHMANN

レーマン

 

自社ムーヴメントも製造する
ドイツ屈指の隠し球


海外の時計ブランドにとって、見識に優れた時計愛好家が多く、安定した購買力を示す日本は重要な市場のひとつ。ゆえに日本には実に様々な時計ブランドが上陸を果たしている。むしろ、日本で購入できないブランドを探すほうが難しいくらいだろう。

 だが、やはり世界は広い。バーゼルワールドに行くと、日本でまだなじみのないブランドにいくつも出合える。そんなことから、筆者は詰まった取材スケジュールの合間を縫って、おもしろそうなブランドをチェックし、資料を集めるようにしている。今年は出展社が例年より少なかったものの、いくつか気になるブランドを見つけることができた。そのひとつがレーマンというブランドだ。
自動巻きのCal.LS 0006
レーマン社製のマニュファクチュールムーヴメントのひとつ、自動巻きのCal.LS 0006

ドイツ、黒い森にあるシュラムベルクに生まれたブランドで、2011年設立と誕生から日は浅いが、なんと自社製の高性能ムーヴメント搭載モデルをラインナップしているのだ。
例えば、写真のムーヴメント。これはレーマン社製のマニュファクチュールムーヴメントのひとつである自動巻きのCal.LS 0006である。
一見、ムーヴメント外周をローターが回転するペリフェラルローターのようにも思えるが、実は、自動巻きローターにサファイアクリスタルが採用されているために透けて見えるようになっている。これは時計師のヴィアネイ・ハルターが特許取得する技術だ。
またケースに入り込んだ独特の形状のリューズは“リトラクタブルクラウン”と呼ばれるもの。時計師のアンドレアス・ストレーラと共同で開発された。早くからこうした完成度の高いムーヴメントを開発できたのは、もともと“レーマンプレシジョン”という精密加工会社をバックボーンに持つためのようだ(現在も自社に精密加工部門を持つ)。

ドイツ国内でも取り扱いショップは限られているようだが、このレーマンの腕時計、みなさんの目にはどう映るだろうか?
(文◎佐藤杏輔)

 

インテムポーラル デュアルタイム

インテムポーラル デュアルタイム

Ref.LS 0006-006-01-030303-02。SS(42㎜径)。50m防水。自動巻き(Cal.LS 0006)。価格不明

インテムポーラル セラミック

インテムポーラル セラミック

Ref.LS0003-001-05-040103-12。CE(42㎜径)。50m防水。自動巻き(Cal.LS 0003)。7250ユーロ(約94万1440円)

 

オススメ記事

  1. ランゲ・ファーストコレクションに思いを馳せて

  2. 日本未上陸ブランド傑作選/No.18 Montres Karsten …

  3. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.04】オーデマ ピゲ

  4. 【3原色の色使いがポイント】ドイツ時計ブランド、DUFA(ドゥッファ)…

  5. 【Chrono24は信頼できるのか?】総編集長・菊地吉正が世界最大の高…

  6. 【ドイツ時計ブランド・チュチマ グラスヒュッテ】創業以来揺るがないこだ…

  7. 日本未上陸ブランド傑作選/No.3 RGM Watch(RGMウォッチ…

  8. 【10〜20万円台】第2回・編集部が注目した6機種を実機レビュー「ジン…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計