これはなんでしょう?

国内での確認はこれが初⁉︎ GMTマスターの超希少種
 
『LowBEAT』最新号でも取り上げたロレックスのGMTマスター。
 1953年にパン・アメリカン航空が国際線パイロットのための腕時計の開発をロレックスに依頼したのが、このモデルが誕生するきっかけとなったことは有名な話だ。
 その後、55年にGMTマスターは6542のレファレンスナンバーを与えられて正式に発表された。製造期間が短かったことから現存数が極めて少ない6542は、今日のアンティーク市場において別格の存在となっている。
 
 そんなRef.6542のなかでも幻の存在として知られているのが、ホワイト文字盤仕様だ。
 なんと今回、編集部ではこのホワイト文字盤仕様を日本国内で確認! “バニラコーク”とも呼ばれるホワイト文字盤仕様がメディアに取り上げられたのは、実は初めてではないのだが、重要なのは上の写真。
 
 この刻印が意味するのは、つまり……
 
GMTマスター

 詳細は、11月30日(金)発売のPOWER Watch最新号にて!
 
 

オススメ記事

  1. 旧型ヨットマスターロレジウム、Ref.16622。その魅力と購入にあた…

  2. 【ロレックス(ROLEX)】通信 No.001|実にラッキーなデイトナ…

  3. 【ロレックス】通信 No.028|密かに噂されるミルガウス。2月14日…

  4. 【ロレックス】通信 No.016|知っていました? 文字盤6時位置のロ…

  5. 10万円台から狙えるアメリカンウオッチ「角金時計」の魅力!

  6. Q39.デイトジャストに用意されている3種類のベゼルはケースの仕様で決…

  7. 36mm径の4代目、旧型エクスプローラーはこんなところが魅力|【ロレッ…

  8. 【ロレックス】通信 No.055|[第1回]意外と知られていないオイス…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計