【新作速報】モーリス・ラクロアの新作アイコン オートマティック ブラックが4月4日に発売決定!

今年注目の新作第1弾はアイコンのオールブラック

 

1980年代から90年代、ファッション関係者を中心に注目を集めた全身真っ黒のオールブラックコーディネイト。ここ数年、そんな“オールブラック”がファッションシーンで再び注目を集めた影響もあって、腕時計においても、昨今多くの時計ブランドから同じく全身真っ黒なオールブラックウオッチが多く登場するようになった。
ケースやブレスレット、そして文字盤や針、インデックスまでブラックで統一されたオールブラックウオッチ。ファッション性の高さは申し分ないものの、肝心の時計としての視認性が気になるという人もいるだろう。しかし、そんな心配は無用だ。文字盤塗料の進化や表面加工技術の発展などによって、ひと口に“ブラック”といっても様々な素材や仕上げを採用することが可能で、非常に多彩なブラックの表現が可能になっているのだ。
なかでも、現代のオールブラックウオッチらしい1本となったのが2019年の新作として登場したアイコン オートマティック ブラックだ。ベゼルのツメにケース、文字盤と、全身にブラックをまとうが、それぞれ仕上げが異なるため、時計としての確かな視認性はしっかりとキープ。さらにオールブラックカラーとなったことで、既存のアイコンコレクションが持つエレガントな雰囲気にマスキュリンな魅力も新たに加わった。
ブランドの屋台骨としてファンを増やすアイコンコレクションを中心に、多くの新作を投入してきたモーリス・ラクロア。今年も見逃せないブランドのひとつであることは間違いない。

シックでエレガントな雰囲気を醸す
注目のオールブラック・アイコン

アイコン オートマティック ブラック
1990年代のベストセラー、カリプソの復刻版として登場したアイコンコレクション。いまやブランドを代表する人気コレクションとしてラインナップを拡充。本作は2019年1月のジュネーブで発表された、よりファッション性を重視したいユーザーに対応するオールブラック仕様だ。
■Ref.AI6008-PVB01-330-1。SS(ブラックPVD加工、42㎜径)。20気圧防水。自動巻き(Cal.ML115)。23万2200円

 

DETAIL CHECK

ケースやベゼルはブラスト加工のマット仕上げ。一方、特徴的なツメはポリッシュ仕上げで存在感が際立つ

ブラックのサンブラッシュ仕上げ文字盤の表面にはクル・ド・パリ装飾を施し、豊かな表情を作り出している

フォールディングバックル、しかも見落とされがちな内側部分にもしっかりとブラックPVD加工を施している

シースルーバックを採用。ケース部分はブラック仕上げのため、搭載するムーヴメントの存在を強調する

 

4月4日の発売が決定したのが、上に掲載したアイコン オートマティック ブラック。なお、モーリス・ラクロアではもうひとつのオールブラックウオッチが発表されている。それが、下に掲載したアイコン オートマティック スケルトン ブラック。こちらの発売はまだ確定していないため、発売日が確定した際に改めて詳しく紹介したい。

自社製スケルトンにもオールブラックが登場

アイコン オートマティック
スケルトン ブラック
極限まで肉抜きした個性的なスケルトン加工が目を引く、自社製ムーヴメントを搭載したスケルトンモデルでもオールブラックモデルが発表された。こちらのモデルは世界限定250本、うち日本入荷予定20本という極めて希少なモデルとなっている。
■Ref.AI6028-PVB01-030-1。SS(ブラックPVD加工、45㎜径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.ML234)。世界限定250本。71万2800円(5月発売予定)

 

DETAIL CHECK

基本的にはアイコン オートマティック ブラックと同様の仕上げだが、ベゼルとケースにはヘアライン仕上げが施されている。本作もシースルーバックを採用することで搭載ムーヴメントの存在が際立っている

 

 

写真◎笠井 修

 

【問い合わせ】

モーリス・ラクロア/DKSHジャパン
https://www.mauricelacroix.com/jp_ja

関連記事

  1. 予算3万円以内! 編集部:船平のカジュアル時計レビュー/フューチャーフ…

  2. これからの季節にこそ似合うパネライのルミノール マリーナ|SIHH20…

  3. 日本未上陸ブランドファイル-02:電撃復活を果たした、IKEPOD(ア…

  4. 雪山登山の強い味方! FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ)の新…

  5. 女性編集者がセレクト! 見るだけでも楽しめる“変形ケース”5選 

  6. ヴェルサーチェ ウォッチ、ケース側面が回転する“V-TWIST”を発売…

  7. ヴェンペがヘルベルト・グレーネマイヤー氏とのコラボモデルを発表

  8. オリジナルブランド“アウトライン”の記念すべき第1号機が一般発売開始

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計