【レディースウオッチ】“人間工学×馬具” イニ・アーシボングが手がけるHERMÈS(エルメス)の新作

 女性編集者がレディースウオッチの新作を実際に見て、感想を交えて紹介する本企画。今回はHERMÈS(エルメス)の2019年新作、Galop d’ Hermès(ギャロップ ドゥ エルメス)を取り上げる。

【モデル紹介】

 ご存知の方も多いとは思うが、エルメスは1837年に元々馬具メーカーとして創業したメゾンである。今回紹介する“Galop d’ Hermès(ギャロップ ドゥ エルメス)”は、そんなエルメスの歴史的背景からインスピレーションを受けて製作されたデザインが特徴となっており、デザインは気鋭のデザイナーのイニ・アーシボング氏が手がけている。

 今回、エルメスと初めてのコラボレーションを果たしたイニ・アーシボング氏は、デザインをするにあたってエルメスのコンセルヴァトワール(アーカイブ保管庫)を訪れ、同社のアーカイブに触れる機会を得ている。その際、そこに保存されていた馬具からインスピレーションを得て、この特徴的なケースデザインの発想に至ったようだ。

ⒸJoël Von Allmen

 流線型のケースデザインは、馬に乗る際に人が足をかける“鐙(あぶみ)”を象ったもの。横から見ると上部から下部にかけて徐々にケースの厚みが増すようにデザインされており、この独特のフォルムが上品で優しい雰囲気を感じさせ、同時に装着感を高める役割も果たしている。
ⒸMel Bles

 ケースだけではなく、文字盤にも“鐙(あぶみ)”をモチーフにしたデザインが採用されているのだが、なかでも特徴的なのがインデックスの8の数字だろう。よく見ると、“鐙(あぶみ)”を逆さにしたデザインに仕上げられているのがおわかりいただけるだろうか。“8”の数字の上部、平たくなっているところが、人が足を乗せる部分というわけだ。

 アラビアインデックスに関しては、“8”のユニークなデザインだけでなく、12時から6時位置に向けて、徐々に広がるようにデザインされているのもこだわりのポイントだろう。“鐙(あぶみ)”をモチーフにしたケース、文字盤のフォルムを考慮したものと思われるが、インデックスの大きさや配置を緻密に計算することで、均整の取れた美しいデザインに仕上げられている。

【装着感は?】

 変形ケースだとどうしても気になるのが装着感。40.8mmと、レディースにしては大きめのサイズなので、個人的にもかなり気になっていたのだが、実際に着けてみると、むしろ着けているのを忘れてしまいそうなほど、着け心地が良かった。

ⒸJoël Von Allmen

 12時側のベルトはケースと一体型になっているが、6時側はクラシックなワイヤーラグを採用。人間工学に基づいた緻密な設計がなされているため、手首に時計を乗せた時の安定感やフィット感がとても高いのだ。

ⒸMel Bles

【推しのポイント】

 可愛すぎない大振りなケースデザイン
 優美で装着感抜群のデザインもさることながら、デザイナーのイニ・アーシボング氏が“女性像を意識しないで作った”というエピソードに心が引かれた。
 彼はデザインをする上で“性差を超えて自由に考えて行動しよう”とする“アンドロジナス”という考え方を参考にしており、“多様な生き方ができる現代の女性にとって、“女性らしさ”といった概念は必要ないのではないか”という自身の考えから、レディースでは大きめの40.8mmのケースを採用している。
 では、実際に着用してみた印象はどうなのか。極端に可愛くなりすぎず、なおかつ華やかな雰囲気を演出してくれるモデルだと感じた。というのも取材の日、私はオフィスカジュアルな服装にメンズ時計を着用していたのだが、このモデルを着けただけで雰囲気が一変。腕元から華やかな雰囲気を演出してくれるのが実感できたのだ。

 これまであまり意識してこなかったが、時計ひとつで雰囲気は思った以上にガラリと変わる。大人の女性にふさわしい、洗練された雰囲気を演出することで、着けている人に自信を与えてくれるのだ。
 最近エルメスでは、筆者と同じ20代でも時計を購入する人が増えているとのこと。マスキュリンかつ華やかな雰囲気を併せ持ったこの時計は、女性らしさにとらわれず、活躍したい女性を応援するモデルといえるのではないだろうか。これからの社会人生活を共に過ごすパートナーとして、ぜひ手に入れたいと思える1本だ。


*スペック*

【ケース】
SS(40.8×26mmサイズ)。クォーツ。3気圧防水。
ダイヤモンド(150個、約0.66ct)もしくはダイヤモンドセッティングなし
反射防止加工サファイヤクリスタル使用

【文字盤】
中心部はオパリン、グレイン仕上げ
シルバーパウダーを使用したインデックス

【ムーヴメント】
スイス製クォーツ

【機能】
時・分表示

【ベルト】
カーフ(カラー:ナチュラルまたは黒)
アリゲーター・リス(カラー:ブルー・サフィール、ブレーズ、カシス、グリ・エレファント、黒)
アリゲーター・マット(カラー:エトゥープ)

【本体価格】

ⒸCalitho
SS×カーフ
45360

ⒸCalitho
SS×アリゲーター
473040

ⒸCalitho
SS×ダイヤモンド×カーフ
1101600

ⒸCalitho
SS×ダイヤモンド×アリゲーター
1123200

ⒸCalitho
PG×アリゲーター
1188000

ⒸCalitho
PG×ダイヤモンド×アリゲーター
1922400

文◎佐波優紀(編集部)

関連記事

  1. 紳士のための腕時計“Tissot Gentleman(ティソ ジェント…

  2. ボヴェの天文時計が、2018 ジュネーブウォッチグランプリの最優秀賞を…

  3. メンズ腕時計は遊べてなんぼ、いまこそ“個性派ガジェットウォッチ”に注目…

  4. G-SHOCKの2019年新作|実機を拝見しました!

  5. “ドラえもん”の原作コミックデザインの腕時計が“ワイアード”から限定発…

  6. 父の日にオススメ、裏ブタ刻印サービスも実施する“ヘンリーロンドン”の期…

  7. SIHH2019新作情報 “A.ランゲ&ゾーネ”

  8. ファーブル・ルーバが“レイダー・シースカイ“と“スカイチーフクロノグラ…

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計