ちょいと格上げ、4万円オーバーのG-SHOCK(ジーショック)売れ筋モデルのBEST5がコチラ!

 毎シーズン新作が発表され、実に多くのバリエーションが展開されているG-SHOCK。そんなG-SHOCKでいま注目されているモデルはいったい何なのか。今回は大人のセカンドウオッチに最適な、4万〜10万円前後の価格帯から、人気モデルのBEST5を紹介しよう。

カーボン素材を軸にした多彩なコレクションがラインナップ

 “落としても壊れない時計”というコンセプトで1983年に誕生したG-SHOCK。登場以来、今日に到るまでの36年間で、数え切れないほど多くのモデルが発表されてきたが、ひとつとしてそのタフネスを追求するコンセプトから外れた製品はない。

 2019年には“樹脂”“メタル”に続く第3のタフネス素材として “カーボン”に着目。新たに開発した耐衝撃構造“カーボンコアガード”を採用したモデルを次々とリリース。コアとなるモジュールをカーボンケースによって保護する耐衝撃構造“カーボンコアガード”により、強度を保ちつつ構造変更が可能となり、ガードレス化したグラビティマスターや、デジアナモデルで最薄のフォルムを実現したGA-2100シリーズなど、いままでにないデザインを備えたモデルが登場し、幅広いユーザーの支持を集めている。

G-SHOCK(ジーショック)
GA-2100
初代モデル“DW-5000C”のコンセプトを受け継いだ、デジタルとアナログコンビネーションの新機軸モデル。“DW-5000C”にも採用された“八角形フォルム”の立体的デザイン、“カーボンコアガード”による堅牢かつ薄型のフォルムが最大の特徴。日本国内での人気の高さはもちろん、70年代のラグジュアリースポーツウオッチを彷彿とさせるデザインから、海外ユーザーの間でも絶大な人気を集めている。

■Ref. GA-2100-1A1JF。樹脂ケース(45.4mm径)。20気圧防水。クォーツ。1万4850円

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室(☎03-5334-4869)
https://products.g-shock.jp/_detail/GA-2100-1A1/

 今回は、そんなG-SHOCKでいまどんなモデルが人気なのか、実際の売れ筋や反響をもとに選出してみた。4万円〜10万円前後の上位機種からBSET5を紹介していこう。

 

》4万円オーバーの売れ筋-其の1
G-SHOCK(ジーショック)
オリジン
GMW-B5000D
初代モデルDW-5000Cの誕生35周年を迎えた2018年に登場したフルメタルG- SHOCK。発表とともに多くの注目を集め、その人気は現在も健在だ。もちろん耐衝撃性や防水性などといった優れたタフネス性能は従来のG-SHOCKと同様。これも人気を集める大きな理由だ。

■Ref.GMW-B5000D-1JF。S(43.2×49.3 mmサイズ)。20気圧防水。クォーツ(電波ソーラー、Blu etooth)。6万6000円

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室(☎03-5334-4869)
https://products.g-shock.jp/_detail/GMW-B5000D-1/

 

》4万円オーバーの売れ筋-其の2
G-SHOCK(ジーショック)
グラビティマスター
GWR-B1000
発表からまだ日が浅いものの、新たな耐衝撃構造のカボーンコアガードを採用し、注目を集めるグラビティマスターの新作。G-SHO CKの次世代に位置付けられる、進化したタフネス性能に加え、ボタンガードレス化を実現した、新デザインも人気を集めた。

■Ref.GWR-B1000-1A1JF。カーボンケース(46.4mm径)。20気圧防水。クォーツ(電波ソーラー、Bluetooth)。9万9000円

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室(☎03-5334-4869)
https://products.g-shock.jp/_detail/GWR-B1000-1A1/

 

》4万円オーバーの売れ筋-其の3
G-SHOCK(ジーショック)
Gスチール GST-B200
2位に続いて、3位にもカボーンコアガード構造を採用した新作Gスチールがランクインしており、新構造の注目度の高さがうかがえる。また既存のGST-B100シリーズよりも4mm以上も小型化され、着けやすくなった点も支持を集めた理由か。

■Ref.GST-B200-1AJF。カーボン×SS(49.2 mm径)。20気圧防水。クォーツ(電波ソーラー、Blueto oth)。4万9500円

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室(☎03-5334-4869)
https://products.g-shock.jp/_detail/GST-B200-1A/

 

》4万円オーバーの売れ筋-其の4
G-SHOCK(ジーショック)
MT-G
50mmオーバーのビッグフェイスに加え、重量感あふれるステンレススチールの外装を採用したG-SHOCKらしいマッシブ感が魅力。一方、その見た目とは裏腹に、スマートフォンリンク機能を搭載しており、優れたユーザビリティーを実現している点も見逃せない。

■Ref.MTG-B1000D-1AJF。SS×樹脂(51.7mm径)。20気圧防水。クォーツ(電波ソーラー、Bluetooth)。11万円

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室(☎03-5334-4869)
https://products.g-shock.jp/_detail/MTG-B1000D-1A/

 

》4万円オーバーの売れ筋-其の5
G-SHOCK(ジーショック)
GMW-B5000G
定番のスクエアケース5000シリーズのバリエーションで、ブルーIP加工が施されたファッション性の高いデザインが人気の1本。ストラップは樹脂製となっているため、1位のフルメタルG-SHOCKよりも軽量で、腕なじみの良さも人気。

■Ref.GMW-B5000G-2JF。SS(ブルーIP加工/43.2×49.3mmサイズ)。20気圧防水。クォーツ(電波ソーラー、Blu etooth)。6万1600円

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室(☎03-5334-4869)
https://products.g-shock.jp/_detail/GMW-B5000G-2/

オススメ記事

  1. 【実機レビュー】英国軍用時計の魅力を忠実復刻! 10万円台で買えるハミ…

  2. 【アメリカ・シカゴ発】注目の時計ブランド、ASTOR+BANKS(アス…

  3. 【WLN編集部 Recommend】no.006|道具としての必要な機…

  4. 【丸くないだけで印象は一変】ラウンド“じゃない”腕時計を集めました!

  5. 天然コルクのベルトがおしゃれ! 動物性素材を使わない“ヴィーガンウオッ…

  6. 予算3万円台、編集部:船平のカジュアル時計レビュー/ヴォイドのデジタル…

  7. ファーブル・ルーバがエベレスト登頂プロジェクトをサポート

  8. 【4月22日発売】アンティークウオッチ専門誌『LowBEAT』最新号(…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計