【実機レビュー】1969年の潜水時計を完全復刻。グラスヒュッテ・オリジナルのレトロダイバーズ!

50年振りに復活した本格派ダイバーズウオッチ

 2月22日に公開したレビュー記事では、グラスヒュッテ・オリジナルのセブンティーズ・クロノグラフ・パノラマデイトの限定バージョンについてお届けしたが、今回は1969年の潜水時計を完全復刻して話題を呼んだSeaQ(シーキュー)の実機が借りられたので紹介したい。

 このSeaQだが、グラスヒュッテ・オリジナルとしては2019年に展開が始まった、5番目の新コレクション“スペシャリスト”の第1弾モデルとしてリリースされたものだ。第2次世界大戦後のドイツ民主共和国、言わば共産政権時代の当時の国営企業だったGUB(グラスヒュッテ国営時計会社)で1969年に作られたという、当時のダイバーズウオッチを復刻させたものなのである。しかも、グラスヒュッテ・オリジナルとしては初の本格的なダイバーズウオッチだ。

ドイツ・グラスヒュッテにある“グラスヒュッテ・ドイツ時計博物館”に展示されている1969年に製造が開始されたオリジナルの潜水時計。アラビア数字や時分針などかなり忠実に再現されているのがわかる

 掲載した当時のオリジナルの写真を見ると、いかに忠実に再現しているかがおわかりいただけるのではないか。ケースのサイズこそ3㎜ほどオリジナルよりも大きいが、だからと言ってありがちな40mmオーバーの大振りサイズというわけでもないため、適度な存在感がプラスされて逆にいい雰囲気に仕上がっている。

 また、ダイバーズウオッチとしての性能ももちろん本格仕様だ。国際規格ISO6425はもちろんのこと、ドイツ工業規格DIN8306にも準拠し、耐水性、視認性、耐衝撃性、そして耐塩水性といった数多くのテストに合格。防水能力も20気圧防水(200m相当)を備えるなど、まさに本格派ダイバーズウオッチといえる実力を備える。

実際に着けてみました

 先にも述べたが、ケースは当時のオリジナルよりも3mm大きい39.5mm径が採用された。昨今のダイバーズウオッチのほとんどが40mm以上の大振りサイズであることを考えると、小さすぎず大きすぎない、スポーツ系モデルとしては絶妙なサイズと言える。

 加えて12.15mmというケース厚も見逃せないポイント。機械式のダイバーズウオッチとなると厚さは14mm前後ということが多い。その中にあってこの薄さはSeaQの大きな魅力と言っていいだろう。リューズも大きくねじ込みもスムーズで操作しやすい。作りの良さも感じた。

【レトロ感を強調する色合い】極太のインデックスにペンシル針が時代を感じさせるうえに、それらに採用された“オールド・ラジウム”と呼ばれるベージュのスーパールミノバの色合いもグッとレトロ感を強調している

【耐傷性が高いセラミックを使用】当時の雰囲気にこだわっているとはいえ、傷を付けやすいベゼルのインサートには、セラミック素材を使用している。またサファイアクリスタルのドーム形風防のカーブも程よい感じだ

 今回取り上げたベーシックなモデル以外に、大きな日付け表示が付いてより実用的な仕様のSeaQパノラマデイトと、時分針と秒針にもグリーンのスーパールミノバを採用した限定バージョンのSeaQ 1969の全3種類がラインナップしている。

■Ref.1-39-11-06-80-34(合成ベルト)。112万2000円。Ref.1-39-11-06-80-70(ブレスレット)。123万2000円。ともにSS(39.5mm径)。20気圧防水。自動巻き(Cal.39-11)

文◎菊地吉正(編集部)/写真◎笠井修/協力◎グラスヒュッテ・オリジナル ブティック銀座 TEL.03-6254-7266

 

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. ジン、ボール ウォッチ、プリム 実機レビュー!何が買いなのか調べました…

  2. バウハウスウオッチの筆頭、ユンハンス“マックス・ビル”にハイエンド仕様…

  3. 第2次大戦時に爆撃機のナビゲーターが着用。ドイツ空軍仕様の軍用時計を日…

  4. 【全部、編集部で試してみました。】スマートウオッチ本音レビュー no.…

  5. 関根勤さんの番組に出させていただいた

  6. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.02】エルメス

  7. 「そう言えばあったなぁ〜」。2000年代初頭に注目された懐かしの時計た…

  8. 【第3回】世界を襲った未曾有の経済危機

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計