【WLN女子部】インスタ“#女子時計部”のハッシュタグで話題、女性の時計愛好家“kaoriさん”にあれこれ聞いてみた!

 一般的には“男性の嗜好品”というイメージが強い腕時計の世界。しかし最近では、女性の愛好家も増え始めているのをご存じでしょうか。それを裏付けるかのように、写真投稿SNS“Instagram(インスタグラム)”では、自慢の時計を投稿している女性が増えています。


 インスタグラムといえば、ハッシュタグと呼ばれるものを、内容と一緒にアップロードすることがお決まりとなっています。これは“#”の後ろに投稿内容を示すキーワードを入れることで、その関連の投稿だけを見られるようにするという工夫。様々なハッシュタグがあるなかで、最近女性の時計ファンの間で多く使われているのが“#女子時計部”というもの。ロレックスやオメガなど、こだわりの時計の数々を様々なユーザーが紹介しており、500件もの投稿が寄せられています。

 このハッシュタグを作ったのが、自身も時計愛好家であるkaoriさん。ロレックスやオーデマ・ピゲ、オメガなどのこだわりのコレクションを持ち、時計専用アカウントも運営されています。
 同じ女性ということもあり、非常にkaoriさんの存在が気になっていた筆者。思い切ってコンタクトを取ったところ、快く取材に応じてもらうことができました。気になるハッシュタグを作った経緯から、愛用の時計についてまで、紹介していきます。

〈オーデマ・ピゲのロイヤルオーク:watchgirltokyoよりご提供〉

Q1. インスタグラムにて“#女子時計部”のハッシュタグを作った経緯を教えてください

A.「昨年末にAUDEMARS PIGUET(オーデマ・ピゲ)の時計を買ったのをきっかけに、自分の時計を撮影したり、ほかの方の時計(投稿)も見てみたいと思い、時計専用のインスタアカウントを作りました。アカウントを利用していくうちに、レディース時計の投稿がもっと見やすくなるハッシュタグがあれば良いのにと思うようになり、そこで思いついたのが“#女子時計部”のハッシュタグを作ることでした」

 男性に比べ女性ユーザーが圧倒的に少なかったため、もっと時計好きの女性が増えたり、盛り上がればいいなという思いもありました、と語るkaoriさん。予想以上にハッシュタグをつけるユーザーが多く、反響は上々なのだとか。
 なかには女性の方から「女子時計部入部します!」というメッセージをもらったり、また男性の方からも「投稿は男なのでできないですがフォローして応援しています!」というメッセージが届いたりしたそうです。

 そんなkaoriさん、そもそもどうして時計に興味をもつようになったのでしょうか。時計を好きになったきっかけについて、聞いてみました。

Q2.時計を好きになったきっかけは?

A.「夫と付き合い始めたときに付き合った記念としてオメガの手巻きのヴィンテージ時計をもらい、そこから時計に本格的に興味を持ち始めました」

 旦那さんのプレゼントがきっかけで、時計に興味をもつようになったのですね。この時にプレゼントされたオメガの時計は、思い入れの深い時計として、大事にされているのだそうです。趣味を共有されているご夫婦って素敵ですよね。

〈旦那さんからプレゼントされたオメガの画像:watchgirltokyoよりご提供〉

 こちらのオメガのほかにも、思い出に残っている時計があるか聞いてみました。

Q3. “思い出に残っている時計”について教えてください

A.「30歳の記念として購入したオーデマ・ピゲのロイヤルオークです。生まれ年である1990年代の時計ということで運命を感じ、購入を決めました。これまで頑張って働いてきた証としてずっと大切にしていきたいです」

人生の節目に頑張った自分へのご褒美を買われたということですね。自分の生まれ年と同じ頃に製造された腕時計を選んだというのも、エピソードが込められていて素敵です。これからの人生をともに歩むパートナーとして選んだ時計はやはり特別な思いが込められていますよね。

〈誕生日の記念に購入されたオーデマ・ピゲのロイヤルオーク:watchgirltokyoよりご提供〉

 このように美しいレディースモデルをもつkaoriさんですが、レディースだけでなく、メンズモデルを愛用していたのが印象的でした。ロレックスのエクスプローラーⅠや、デイトナなどを所有しており、着用画像を投稿しています。ご自身の身長がそこまで大きくないため、メンズ時計のなかでは比較的小さめな38mm程度までのモデルを着用しているのだとか。メンズ時計を着用するようになった理由について聞いてみました。

Q4. メンズモデルを着用する理由は?

A.「“デザインが好きな時計がメンズモデルだった”という方が近いかもしれません。デザインが好きで着け心地がよければ、レディース・メンズ問わず、時計を楽しみたいと考えています」

 とのことでした。実際に画像を見てみると、身長に加え、kaoriさんの腕はかなり細めですが、直径38mmほどであれば、メンズライクに着けられてカッコいいと思いました。

〈watchgirltokyoよりご提供 ロレックス エクスプローラーⅠ〉

 “#女子時計部”のハッシュタグから女性愛好家の方の投稿をたどっていくと、kaoriさんのほかにも、メンズモデルを着用している女性がちらほらいます。あえてメンズモデルを着用するのが、これからの新しいスタイルとして、定着していくのかもしれません。

 そんなkaoriさんに、最後に時計の楽しみ方について聞いてみました。

Q5.kaoriさんにとっての時計の楽しみ方について、教えてください

A.「楽しみ方はいくつかありますが、1番はその時計を着けていて気分があがること。仕事のモチベーションにも繋がるので、まずは時計をファッションとして身に着けることを楽しんでいます」

 また、インスタグラムを初めてから時計好きの方との輪が広がることも楽しみのひとつになったとも語ってくれました。時計のコレクターさんというと圧倒的に男性が多かったため、こうして女性の間にも、時計好きの輪が広まっていることについて、とても興味深く、またうれしくも感じました。“#女子時計部”のハッシュタグをきっかけに、さらに女性の時計愛好家が増えていくのでしょうか。これからも楽しみに見ていきたいと思います。

 皆さんもぜひ、お気に入りの1本を“#女子時計部”ハッシュタグを利用して投稿してみてはいかがでしょうか。

kaoriさんプロフィール
職業:広告代理店の営業
時計以外の趣味:ゴルフ

【アカウント情報】
アカウント名
watchgirltokyo
URL
https://www.instagram.com/watchgirltokyo/

文◎佐波優紀(編集部)

オススメ記事

  1. “CITIZEN L(シチズン エル)”から24石のダイヤモンドが輝く…

  2. 日本に上陸して20年! スイスの高級時計ブランド“BOVET(ボヴェ)…

  3. 【時計に合ったブレスが見つからない!】そんな悩みを解決してくれる気鋭の…

  4. ショーン・オロロジーの実物を手に取って確認できます!

  5. セイコーウオッチが、日本初のグランドセイコーブティックを創業地・銀座に…

  6. 【他と差がつく角形モデル】英国ファッションブランドならではの、トラッド…

  7. 【レディースウオッチ】“人間工学×馬具” イニ・アーシボングが手がける…

  8. リシャール・ミル、知事とくまモンから熊本地震復興支援に対する感謝状を授…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計