“ドイツ・グラスヒュッテ”で製造された時計のロゴの周りには、なぜ町の名前が必ず表示されるのか?

 スイス製高級時計の文字盤に小さく表示されている「SWISS MADE」。どこ製の製品であるかを示すいわゆる原産地証明なのだが、よく6時位置にルーペを使わないとわからないほどの小さな文字でプリントされていることが多い。

 しかし、これを表示するためには、時計にスイス製ムーヴメントが使われていることと、そのムーヴメントに関しては、製造コストの60%以上がスイス国内で支払われていること、という基準がスイス連邦法で定められている。つまり、これにのっとって時計が製造されていなければならない決まりがあるのだ。

 そして、このスイスメイド表記と同じぐらいの厳しい基準を有した原産地証明を文字盤上に独自に表示している時計産地がある。それがドイツのチェコ国境沿いにある小さな町“グラスヒュッテ”である。

モリッツ・グロスマンのロゴの下にあるのがグラスヒュッテ製であることを示す原産地証明

 メイド・イン・ジャーマニーといえどもドイツの時計メーカーのほとんどは、スイス製のエボーシュ(汎用ムーヴメント)が使われている。それに対して、グラスヒュッテにある時計メーカーはムーヴメントを自社で製造できるほどの高い技術力を備えたところが多い。そのためにあえてグラスヒュッテ製を名乗るうえでの基準を設けているのだ。

 そしてこれにはもうひとつ理由がある。それはドイツ国内ではグラスヒュッテという地名は珍しいことではなく、同じ地名が複数存在するらしい。そのためアドルフ・ランゲが興した歴史ある時計産業の地としてのグラスヒュッテと、他の地域とを明確に区別する目的もあるようだ。

右から下へ順に、Aランゲ&ゾーネ、ミューレ・グラスヒュッテ、グラスヒュッテ・オリジナル、ウニオン・グラスヒュッテ、ノモス・グラスヒュッテ、ヴェンペ、ブルーノ・ソンレー、モリッツ・グロスマン、チュチマ・グラスヒュッテ

 各社の文字盤上のロゴ部分を拡大した写真を見てほしい。現在グラスヒュッテにある時計メーカー9社は、すべてブランドロゴの近くに“GLASHÜTTE”の文字が表示されているのが確認できるだろう。つまり、これがグラスヒュッテ製の時計であることを示す証明なのである。もちろん、「メイド・イン・ジャーマニー」の文字も文字盤の6時位置に小さく表示されているが、それよりも重視されていることがわかる。

 ではどのような基準となっているかというと、グラスヒュッテでの手間と作業が、ムーヴメントを含む時計自体の製造原価の50%以上を占めることである。つまり、グラスヒュッテに本拠を構え、時計を組み立てているだけでは基準を満たさず、それをクリアするためには、ムーヴメントがたとえスイス製のエボーシュであっても、50%以上の手間のために改良などの何らかの作業をしなければならないということだ。

 ちなみに、このグラスヒュッテの時計メーカー9社のうち、日本で展開しているのは次の7社。A.ランゲ&ゾーネ、グラスヒュッテ・オリジナル、モリッツ・グロスマン、ミューレ・グラスヒュッテ、ノモス・グラスヒュッテ、チュチマ・グラスヒュッテ、ヴェンペ(アルファベット順)である。

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. 【売切れ次第終了に!】北斗七星の輪列に象徴される、ヴェンペ初の自社ムー…

  2. 【各15本のみ】総編集長・菊地が80年代デッドストックのスイス製手巻き…

  3. かつて人気を博した90年代の時計たち! 【第13回|ロレックス デイト…

  4. 実用アンティーク「オメガ・30mmキャリバー」【後編】|デザインの豊富…

  5. 勝手に実機でインプレッション【5回】ラング&ハイネ/ドイツ時計

  6. 【明日12月6日終了】80年代の手巻きデッドストックを再生させたアウト…

  7. これは楽しめるぞ! 新作パートナー2の着用テストを実施 【OUTLIN…

  8. クロノグラフの名門“レマニア”ベースのもうひとつの名機

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計