【写真】外装からわかるデイトナのRef.16520とRef.116520の六つの違い!

【インダイアルの位置】
16520は上二つのインダイアルの中心が3時と9時のインデックスを結ぶ直線上に位置するが116520は若干上にセットされているのが特徴

【スモールセコンド】
12時間積算計のインダイアルの位置が116520は9時位置なのに対して16520は6時位置にある。最初のインダイアルの位置と同様に外見でいちばんに見分けるポイントだ

【インダイアルの処理】
116520のインダイアルをフチ取るメタルのオーナメントには、表面に同心円状の細かな装飾が施されているが、16520にはそれがない

【インデックス】
インデックスの基本形状は変わらないが、116520は夜光部分を広くするために全体が太くなった。夜間での視認性を高める配慮だろう

【フラッシュフィット(弓カン)】
ケースとブレスをつなぐパーツ(フラッシュフィット)が別体から一体型に強化された。これは16520の後年生産分からすでに改良されていた

【バックル】
16520は1995年頃にシングルロック式から2重ロック式(写真)に変更。116520ではそれをさらに堅牢な作りにブラッシュアップした

 

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計