【2021年新作時計】パーネル|世界最速の3Dトゥールビヨンを搭載する複雑モデルにニューバージョンが登場

 日本未上陸のためご存じの人は少ないかと思うが、パーネルは高度なトゥールビヨンモデルを製作し、名を馳せるスイスの気鋭ブランドだ。初参加となった2020年に続き、今年もウォッチズ&ワンダーズに参加し、大作“エスケープⅡ”のニューバージョンを発表した。

 
 新作を取り上げる前に、まずはエスケープⅡがどういったモデルなのか簡単に紹介しよう。
 同モデルは世界最速の3軸トゥールビヨンを、二つも備えた超複雑モデルだ。発明したのは過去にMB&Fともコラボレートしたことでも知られる時計師のエリック・クードレイ氏で、この機構を“スフェリオン”と名付けた。

 一般的な1軸のトゥールビヨンの場合、1回転するのに60秒掛かるが、このスフェリオンでは軸によって回転速度が異なり、8、16、30秒でそれぞれが1回転する。回転速度を上げることで重力の影響を最小化、かつ多方向に回転することで影響を分散させるという発想だ。
 スフェリオンがひとつだけのモデルがエスケープとして展開されており、その上位機種にあたるのがエスケープⅡである。こちらはスフェリオンを二つ備え、さらにこれらを繋ぐことで誤差を平均化している。
スフェリオンをひとつ備えたエスケープ

 

スフェリオンを二つ備えるエスケープⅡ

 もっとも、この大掛かりな機構を動作させるためには、多くのエネルギーが必要となる。そのためエスケープⅡでは動力源となる主ゼンマイが六つ(四つの香箱に収められる)もあるのだが、それでもパワーリザーブはわずか32時間しかない。

 

エスケープⅡ アブソリュート・サファイア

サファイア(48mm径)。3気圧防水。手巻き(Cal.CP03/32時間パワーリザーブ

 今年発表されたエスケープⅡのニューバージョンは内部の複雑なムーヴメントが全方向から鑑賞できるフルサファイア仕様だ。しかもケースのみならず、文字盤やブリッジ、一部の歯車もサファイアで成形し、“純粋な透明性”を追求したというユニークピースで、スフェリオンの機能美と造形美がより強調されている。サイドから見ると、まるでスフィリオンがまるで中空に浮いているかのようだ。

 さて、これだけ複雑で豪華なモデルだと価格も気になるところだが、ユニークピースゆえに時価扱い。ただ、あくまでも目安となるが、海外情報サイトでは100万ドル(!)と伝えているところもある。

 

【エスケープⅡのバリエーションをもっと見る】

 

【本国サイト】
https://purnellwatches.com/

 

文◎堀内大輔

オススメ記事

  1. 【2021年新作時計】ボーム&メルシエ|1973年に誕生した…

  2. 【WLN女子部・2021年新作時計】ヴァシュロン・コンスタンタン|ダイ…

  3. 【2021年新作時計】ヴァシュロン・コンスタンタン|100周年を迎えた…

  4. 【2021新作時計】IWC|高品位スポーツウオッチへと進化、“ビッグ・…

  5. 【2021年新作時計】ユリス・ナルダン|音で時間を感じる”ブラスト ア…

  6. 【2021新作時計】ブルガリ|新作の “オクト フィニッシモ パーペチ…

  7. 【2021年新作時計】パネライ|地球環境に配慮。リサイクル素材を使用し…

  8. 【2021年新作時計】ブライトリング|エレガントなプレミエが1940年…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計