最上位機9000系で5万円。ケースフォルムへのこだわりとは【OUTLINEのアウトライン|no.14】

 先週に引き続き、俳優・木下ほうか氏が監修したスペシャルエディション待望の最新作“アウトライン・パートナー2”の、開発裏話を書きたいと思う。今回はケースフォルムついてだ。

【アウトライン・パートナー2】Ref.YK20211-1BK(ブラック、250本限定)、Ref.YK20211-2WT(ホワイト、150本限定)。SS(36mm径)。5気圧防水。自動巻き(日本製Cal.Miyota 9039)。各5万5000円

 まず、今回の第2弾の製作の打ち合わせで、木下氏から販売価格に対する要望が出たのである。それは前作よりもできればもう少し価格を抑えたいと。おそらくは、もっとみなさんが負担少なく楽しめるようにという思いからなのだろう。しかし、そこで問題になったのが中に搭載するムーヴメントである。

 価格を抑えるのに手っ取り早いのは、原価に占める割合が大きいムーヴメントの価格を抑えることだ。しかしながら今回モチーフとなった往年の傑作モデルは、前作のダイバーズウオッチとは違いケースが薄い。この雰囲気を再現するには薄いムーヴメントを使う必要があった。つまり必然的にミヨタの最上位機である9000番台となってしまい、スタンダードな8000番台よりもグンと価格が上がってしまったのである。

ケースを薄くし、そのぶん裏ブタを膨らませてセミバブルのような雰囲気に! ドーム形のプラ風防も3度もやり直ししただけあってきれいに盛り上がっている

 そしてもうひとつ、時計本体には現在単体でも販売(2万4200円)しているオリジナル製作のアウトライン・リベットブレスを装着する予定でいた。実は、このリベットブレスには通常ブレスの何倍もコストがかかっているため、これも原価を押し上げる大きな要因となっていた。

 そのため当初は革ベルトをレギュラーとして、リベットブレスはオプションとする案も正直なところ頭の中では考えていた(木下氏にはあえて相談はしなかったが…)。実際に革ベルトを合わせても雰囲気的にはかなりいい感じだったからだ。

今回、時計に付くアウトラインオリジナルのリベットブレス。現在、当サイトのオンラインSHOPにおいて2万4200円で販売中!すでに半年て200本近くも売れている人気ブレスだ!

 ただ、やはり前作でたくさんの高い評価を得たことを考えると、ここで変更して中途半端なものになっては後々おそらくは後悔するだろうと考え、当初から予定していたリベットブレス仕様でいこうと決めたのである。

 さて次回は最終回として、今回のモデルについて語った木下ほうか氏の想いについて。

【15〜10%OFF】で先行予約受付中!

 なお現在、弊社が運営するクラウドファンディングサイト「WATCH Makers(ウオッチメーカーズ)」で先行予約を受け付け中だ。当サイトでは細かく紹介しているので、ぜひ、そちらものぞいていただければと思う。

WATCH Makers(ウオッチメーカーズ) 

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. あの“ミスター・ロボット”に日本人時計愛好家による別注のスペシャル限定…

  2. あるようで無かった月齢表示

  3. 菊地の【ロレックス】通信 No.094|新型エクスプローラー 1 が早…

  4. 「アウトライン(OUTLINE)」裏話【第2回】まったく予想もしなかっ…

  5. アンダー20万円で買えるハンハルトの新作  【1回】勝手に実機でインプ…

  6. 【ロレックス】通信 No.067|あれから2カ月、どこまで下落するのか…

  7. 勝手に実機でインプレッション【第2回】ジン・910.SRS

  8. アウトライン(OUTLINE)裏話【第5回】ベルトも重要なファクター

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計