バッグブランド“マスターピース”と“セイコー”のコラボレーションを深掘り!【コラボモデル再考】 

 コラボモデル再考”では様々な人物、キャラクター、企業とウオッチメーカーのコラボレーションモデルにスポットを当ててその魅力を深掘りしてきた。

 今回フォーカスするのは、若い世代から落ち着いた大人まで幅広い人気を誇っているバッグブランド“マスターピース”とウオッチブランド“セイコー”のコラボレーションモデルだ。ただのファッションブランドではなく、バッグブランドと時計メーカーのコラボレーションがどんな化学反応をみせるのか、紐解いていきたい。

 2社のコラボレーションモデルは2021年6月に発表されたモデルと、今回発表された最新作の2モデルが存在する。

master-pieceコラボレーション限定モデル

 

■Ref.SBTM301。5万8300円。Ref.SBTM3096。6万3800円

【共通スペック】
■SS(39.8mm径)。10気圧防水。ソーラー(Cal.7B72)。各世界限定700本

 記念すべき1作目のコラボモデルは、多様化するビジネスシーンやライフスタイルにマッチするマスターピースのコレクション“ネオ ワーク”のコンセプトを取り入れた時計となっている。カラーリングはビジネスシーンでも広く活用できるシルバーと、ソリッドで存在感のあるオールブラックの2色が展開された。また、秒針には、マスターピースのブランドマークの意匠を取り入れた特殊な形状のものを採用し、コラボレーションモデルであることをアピールしている。

 また、文字盤には、バッグで使用されている記事の織模様をイメージしたパターンを施しており、随所にブランドのデザインマインドが表現されている。加えて裏ブタには、コラボレーションモデルであることを強調するマスターピースとセイコーのダブルネームが刻印されている点も見逃せない。

 そして今回発表された最新のコラボレーションモデルは、マスターピースのカジュアルラインである“プライム カジュアル”の世界観や配色、マテリアルなどを取り入れた時計となっている。
 この時計の魅力をさらに深掘りしていこう。

master-pieceコラボレーション限定モデル第二弾

■Ref.SBTM314。6万4900円。Ref.SBTM316。6万8200円

【共通スペック】
■SS(39.8mm径)。10気圧防水。ソーラー(Cal.7B72)。各世界限定700本
今回発表されたコラボモデル2作目は、精悍なブラックと軽やかなカーキをベースに、複数の金属色を組み合わせ、鏡面と筋目で仕上げ分けを施したケースは、カジュアルな装いでありながら高級感のあるギアであることを演出している。ベルトには、高品質なオリジナルのコーデュラファブリックMASTERTEX-07を採用し、マスターピースらしい機能美を表現した。文字盤には、オリジナルのカモフラージュ柄を施すなど、随所にプライムカジュアルのデザイン哲学が散りばめられている。

 また、裏ブタと専用のボックスには、マスターピースとセイコーそれぞれの名前が刻まれている。

 そして、コラボレーションモデルにはオリジナルデザインのポーチが付属するという。このポーチには、ベルトに採用されている素材と同じものが使用されているため相性は抜群だ。そのデザインも実にマスターピースらしい実用的でありながらファッショナブルなものとなっているため、同ブランドのファンにとってうれしいポイントと言えるだろう。

 それぞれの業界を牽引する2社だからこそできた、このコラボレーションモデルをぜひチェックしてもらいたい。

【問い合わせ先】
セイコーウオッチお客様相談室
TEL.0120-061-012
https://www.grand-seiko.com

オススメ記事

  1. 【なんと世界限定8本】“モリッツ・グロスマン”ハマティックシリーズに、…

  2. アンティーク風ブレスで、夏の汗対策&イメチェンはいかが【OUTLINE…

  3. 【コラボモデル再考】時計と甲冑のコラボレーションによってどんな魅力が生…

  4. 【コラボモデル再考】国内時計メーカーとキャラクターの融合について【ラピ…

  5. 【コラボモデル再考】藤原ヒロシ氏のセンスが光る、最新コラボレーションモ…

  6. 【北欧デザインの本格時計】デンマークで創設された注目ブランド、“アバウ…

  7. 【G-SHOCKを自分好みにカスタム】10月20日(水)にサービス開始…

  8. 【コラボモデル再考】藤原ヒロシとウオッチメーカーのコラボレーションはど…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計