Q38.ネジ込み式リューズが入らなくなってしまった。何が原因?【時計のトラブル編】

A.ネジ山が傷ついたり、最悪潰れている可能性がある

 ネジ込み式リューズは、防水性能を高めるためロレックスのオイスターケースに装備され1926年に特許が取得されたことは有名な話だ。
 そして現在も防水性を高めるべく、主にダイバーズウオッチなどの多くのスポーツモデルに採用されている。

 ネジ込み式リューズの場合はねじを左(自分側)にまわして緩めてからリューズを引き出さないと日付けや時刻調整ができない。
 また調整後にはリューズを押し込んでねじを締めないとならないため頻繁に使用するところなのだが、押し込む際に間違った角度でねじを締めたりと一連の動作を粗雑にしてしまうとネジ山を傷付けたり、最悪潰れてしまうことがある。

 ではそうなった場合にどうすればいいのか修理技術者に聞いたところ、軽度のネジ山潰れであれば修理店でも修復が可能だが、パーツ交換となるとメーカー修理となってしまうため時間と費用が大幅にかかるという。

ネジ込み式リューズを戻す際のコツとして、反時計回りにほんの少しまわしてから正しい角度を確認のうえねじ込むとうまく戻せるとのこと

 そこでネジ込み式リューズを戻す際は真っ直ぐにリューズを押し込みながら、焦らずゆっくりと時計回りにまわすことが肝心。強く締めすぎにも注意が必要だ。
 デリケートな部品のため無理な操作は禁物とのこと。

文◎松本由紀(編集部)

 

【関連リンク】
■Q1.腕時計の防水性能表示「m(メートル)」と「BAR(バール)はそもそも何が違う?【ダイバーズ編】
■Q28.日付けを操作してはいけない時間帯はいつ?なぜ操作したらダメなの?
■Q30.時刻合わせをする際に異音が。内部で何が起きている?【時計のトラブル編】
■Q32.自動巻き時計は毎日巻くとどうなる?
■Q34.クォーツの腕時計にもオーバーホールは必要か

オススメ記事

  1. Q18.リューズはなぜ漢字で“竜の頭”と書くのか

  2. 【Q62】時計のアナログとデジタルの違いとは

  3. Q23.世界で初めて自動巻きクロノグラフを発売したメーカーはどこか?

  4. Q42.ケース、ブレスレットの仕上げにはどんな種類があるか

  5. Q8.東京2020オリンピックおよびパラリンピックのオフィシャルタイム…

  6. Q22.アンティークウオッチに採用されている、スネイルタキメーターとは…

  7. Q46.ムーンフェイズはどのような仕組みで動いているのか

  8. 【意外と知らない時計知識番外編】機械式時計でよくあるトラブル、気を付け…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計