何とセイコー製メカクォーツの新作がクラウドファンディングで早割2万円台で先行予約受け付け【OUTLINEのアウトライン|no.24】

 筆者が2001年に創刊した高級腕時計の専門誌「パワーウオッチ(POWER Watch)」も、おかげさまで昨年(2021年)11月をもって20周年の節目の年を迎えた。そこで “アウトライン(OUTLINE)”では、20周年を祝したアニバーサリーモデル“パイロットクロノ20thリミテッド”を企画。このほどようやくそれが完成したため紹介したい。


3種類のデザインを用意。写真は最もベーシックなRef.YK20221-1。316Lステンレススチールケース。ケース径42 mm。日常生活防水(3気圧)。メカクォーツ(セイコーVK64)。3万7400円

 デザインのモチーフとしたのは、アンティークウオッチ好きの方ならおわかりだろう、1940年代の通称“フライングオフィサー”である。文字盤外周に都市名が配され、パイロットが飛行中に時差を確認できるように回転ベゼルを装備して開発されたことでも知られる2カウンタークロノグラフの名機だ。

 今回、このパイロットクロノ20thリミテッドにおいては、フライングオフィサー同様に時差が確認できるだけでなく、文字盤外周に設けられた世界23の都市名に、回転ベゼル上の“赤い12”の位置を合わせることで、日本にいながらその都市の現在時刻も確認できるようにした点が大きな特徴となっている。つまり、GMTウオッチと同様に二つの時間帯が同時に表示できるというわけだ。

ベゼル上の赤い12を都市名にセットするだけで、その都市のおよその時間が確認できる。なお、回転ベゼルはクリック感があって操作しやすいように右にしか回転しない

 また、今回ムーヴメントにはセイコーのメカクォーツクロノグラフ、VK64を搭載する。下のイメージ動画を見てもらえればわかるが、クォーツながらも赤いクロノグラフ秒針がステップ運針ではなく機械式のようなスイープ運針する点が大きな特徴で、ゼロリセットも瞬時に帰針する点も他社のメカクォーツにはない魅力である。

 デザインは3種類を用意。そして価格は創刊20周年の感謝を込めて3万4000円(税抜き)とグッと抑えた。
 なお、正式発売は4月中旬を予定。現在それに先立って実施しているクラウドファンディング「ウオッチメーカーズ」では数量限定ながらも何と早割2万円台と、さらにお買い得な特別価格となっている。ぜひこのチャンスをお見逃しなく(※クラウドファンディングは終了しました)

アウトライン公式サイト

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。
2019年から毎週日曜の朝「総編・菊地吉正のロレックス通信」をYahooニュースに連載中!

オススメ記事

  1. ご存じですか! 月額500円で100冊以上の時計誌が読める独自の読み放…

  2. 菊地の【ロレックス】通信 No.078|小振りで着けやすいベーシックな…

  3. 【日本初披露となるモデルも!】小粋なイタリアンウオッチ、スピニカーが初…

  4. 【フルチタンの時計が3万円!?】北欧ブランド“ベーリング”から軽量かつ…

  5. 20万円台から狙えるオールドチューダーの通称“デカバラ”とは何か!

  6. 思い出の詰まった1冊! Watch LIFE NEWSオンラインSHO…

  7. (続編)サブマリーナーのUSED。購入時の実機チェックポイントとは?|…

  8. ビジネス使いでちょっと上をゆく、30万円台からの実用時計“トリカレムー…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計