OUTLINEニュース 小スライド 連載記事 @kikuchiのいまどきの時計考

【スイス製手巻きで13万円!】古くても新しい!デッドストックならではの味わいをもつ角形ドレスウオッチも在庫わずか!

(右)ゴールドケース(左)シルバーケース。ケースサイズは23.5×37mmと小振りのためまさにサイズ感はアンティークの雰囲気

ここに取り上げたアウトラインのレクタンギュラー138BLは、デッドストックのスイス製手巻き時計を再生させた “1980リビルドシリーズ”のひとつである。

リビルドとは、再構築(する)、再建(する)するという意味で、どちらかというと古い名車などで使えないパーツなどを作り直して新たにクルマとして再生させるときなどに使われることが多い。

つまり、レクタンギュラー138BLも同様で、ムーヴメントとケースはオリジナルだが文字盤と時分秒針を新たに作り直したものなのだ。ただし、ベースとなった時計は1980年代に日本で販売されていたスイス製。その中で一度も販売されずデッドストックとして発見されたもの。つまり使用されていない新品というわけである。

さて、このモデルの魅力はそもそもケースの作りにあった。側面に段差を設けた通称ステップドタイプのケースが採用され、加えて12時と6時位置にはさりげなくちょっとしたオーナメントがあしらわれるなど、時代を感じさせる造形が施されていた。しかも、このオーナメント自体は別体で取り付けられたもので、作りも凝っている。

そのため文字盤デザインは、この装飾的なケースに対してそれをおさえる意味で、あえて地色にブラックを採用しつつ、インデックスに太めのアラビア数字を使い、文字盤デザイン自体を男っぽく存在感のあるものにした。

角形時計の場合にドレスウオッチとしてフォーマルなイメージが強いからなのか、文字盤にはホワイトやシルバーなど白っぽい色を採用することがほとんどで、ブラックを使うことは意外に少ない。その意味では新鮮なうえに意外にも全体が引き締まっていい感じに仕上がっていると思う。

1793年にスイスで創業したムーヴメント専業メーカー、フォンテンメロン社の手巻きキャリバーFHF138を搭載。現在は生産を終了しているデッドストックのオールドムーヴメントである

さて、搭載するのは小振りな手巻きムーヴメントを得意とし、1940年代にはロレックスの手巻きモデルにも採用されていたほどの歴史あるムーヴメント専業メーカー、フォンテンメロン社の手巻きキャリバーFHF138。未使用のデッドストック品ではあるが、そのまま使うのではなくすべてオーバーホールを実施し、調整を行なったうえで組み上げられている。そのため30年以上経ってはいるものの、ムーヴメントについては1年保証が付く。

【商品データ】
アウトライン・レクタンギュラー138BL。(ゴールド)Ref.20203-5。(シルバー)Ref.20203-4。ともに真鍮ケース(メッキ、裏ブタはSS)。ケースサイズは23.5×37mm。非防水。手巻き(Cal.FHF138)。各13万2000円

【画像】細部の写真をもっと見る!

現在は当サイトのオンラインショップに加えて、ロフトに店舗を構える下記オンタイムの4店舗でも取り扱をしている。ぜひ店舗で実機を確認してもらえればと思う。その際には事前に在庫の有無の確認を。

【オンタイム取り扱い店舗】
オンタイム 銀座ロフト店 TEL.03-3561-0723
オンタイム 渋谷ロフト店 TEL.03-5458-3076
オンタイム 大宮ロフト店 TEL.048-648-6788
オンタイム 梅田ロフト店 TEL.06-6359-3205

【当サイトオンラインSHOPでも販売中】
アウトライン レクタンギュラー138BL(シルバー)
アウトライン レクタンギュラー138BL(ゴールド)

【公式サイトはコチラ】
https://outlinewatches.tokyo/collection/rebuild

【こちらの記事もオススメ】
■【セミバブルバックにハニカム文字盤】とことんヴィンテージ感にこだわった36mm径の小顔369スペシャル
■【ここでしか買えない限定販売品など】オンタイム・ムーヴの店舗でアウトライン・フェア開催中!
■【公式サイトはすでに完売!】SEIKOメカクォーツ搭載の人気ショップ限定クロノはオンラインストアでも販売開始!

菊地 吉正 - KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。
2019年から毎週日曜の朝「総編・菊地吉正のロレックス通信」をYahooニュースに連載中!

次のページへ >

-OUTLINEニュース, 小スライド, 連載記事, @kikuchiのいまどきの時計考
-, ,