OUTLINEニュース 小スライド 編集部セレクション 連載記事 @kikuchiのいまどきの時計考

【セミバブルバックにハニカム文字盤】とことんヴィンテージ感にこだわった36mm径の小顔369スペシャル

ブラックのハニカム文字盤

「3・6・9」のアラビアインデックスが代名詞の往年の傑作モデルをデザインモチーフにした“369スペシャル”。アンティーク感を前面に打ち出した雰囲気は高い評価を得て、最初に実施したクラウドファンディングでは何と1000万円近い申し込みを獲得したほど人気を博した。

確かに369スペシャルは3針でシンプルなモデルのためデザインはかなり気を使いつつ、アンティークの味わいにこだわりながら作っている。しかし、実はそれ以上にこだわったのがケースフォルムなのである。

上の写真を見てもらうとわかるが、ミドルケースのサイドラインが若干柔らかな曲線となっていたり、ネジ込式の裏ブタは1950年代のロレックスのセミバブルバック風に仕上げている。そのためドーム形のプラスチック風防ととてもバランスが取れていて、こういった点もレトロな味わいにひと役かっているというわけだ。

ちなみにサイズは、ケース径が36mmと小振りで、さらにケース厚は9.9mmと薄い。これは日本のミヨタ製の中でもいちばんに薄型で毎時2万8800振動の高性能自動巻きキャリバー、9039を採用することで実現した。

ハニカムホワイト文字盤(上)と光沢感のあるミラーダイアル風ブラック文字盤搭

369スペシャルのラインナップは、代表作となる上の写真のハニカム装飾のブラック文字盤タイプ。369アラビア数字とくさび形インデックスすべてをゴールドのアプライド(立体化)仕様にしてよりヴィンテージ感を高めたハニカムホワイト文字盤タイプ(下の写真上)。

さらにハニカム装飾を施さない、1950年代の光沢感のあるミラーダイアル風ブラック文字盤にインデックスや時分針などすべてに鏡面仕上げを施すことでモダンな雰囲気に仕上げたタイプの全3種類ある。

さあ、いよいよスタートの春。モダンもいいが、たまには気分を変えてこんなヴィンテージテイストな369スペシャルで、グッと大人ぽく決めてみてはいかがだろうか。

【画像】“369スペシャル”のほかの写真をチェック!(13枚)

【チックタックとオンタイム・ムーヴで販売中】
取り扱い店舗一覧

[当サイトのオンラインSHOPでも販売中]
●ハニカムブラック
https://shop.powerwatch.jp/webshop/2023/12/20/yk20233-1bk-hc/
●ハニカムホワイト
https://shop.powerwatch.jp/webshop/2023/12/20/yk20233-2wh-hc/
●ミラーブラック
https://shop.powerwatch.jp/webshop/2023/12/20/yk20233-3bk/

[公式サイトはコチラ]
https://outlinewatches.tokyo/collection/369special

【アウトライン・369スペシャル】

【SPEC】
・型番:(左)Ref.YK20233-1BK-HC、(中)Ref.YK20233-2WH-HC、(右)Ref.YK20233-3BK
・素材:ステンレススチール(ネジ込み式リューズ)
・サイズ:ケース径36mm、ケース厚9.9mm(ドーム風防を含むと13.9mm)
・防水性:5気圧防水
・駆動方式:自動巻き(日本製Cal.Miyota 9039 /24石/毎時2万8800振動(日差-10秒+30秒)/最大巻き上げ時42時間パワーリザーブ/秒針停止機能付き)
・希望小売価格:各6万500円(組み立て:日本)
・保証期間:1年間

商品の詳細はアウトライン公式サイト
https://outlinewatches.tokyo/collection/369special

【こんな記事もおすすめ】
■【絶妙な“ペプシカラー”がヤバイ】TiCTAC限定仕様の時計は細部のヴィンテージ感がハンパない
■70年代に英空軍も採用した珍しいハシゴ型ブレス仕様がオンタイム限定で登場!
■【見よこの再現度で4万円台】“OMEGA”ほか12社が製造した英陸軍向けダーティダースを再現した新作

菊地 吉正 - KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。
2019年から毎週日曜の朝「総編・菊地吉正のロレックス通信」をYahooニュースに連載中!

次のページへ >

-OUTLINEニュース, 小スライド, 編集部セレクション, 連載記事, @kikuchiのいまどきの時計考
-,