日本未上陸ブランド傑作選/No.18 Montres Karsten Fräßdorf(モントレ・カーステン・フレスドルフ)

知る人ぞ知る時計師が創業した注目株

Montres Karsten Fräßdorf

モントレ・カーステン・フレスドルフ

 

機械式腕時計は基本的に衝撃に弱い。複雑機構を載せた時計なら、なおさらだ。なかでもトゥールビヨンは、部品強度が弱いとたわみが生じて通常の機械式時計よりも精度が悪化する一方、強度を高めようとすると重くなり、部品同士の摩擦が大きく調整も難しくなるため、衝撃には特に弱い。ゆえにトゥールビヨンは機構としては優れていても実用には向かないと言われることが少なくない。そんな常識をハイテクで克服したブランドにリシャール・ミルがあるが、古典的技術で克服しようと試みたのが、モントレ・カーステン・フレスドルフである。
創業者は、ドイツ人時計師のカーステン・フレスドルフ。時計好きの方のなかにはご存じの方も多いだろうが、彼はかつてファブリケーション・ド・モントル・ノルマンデス(Fabrication De Montres Normandes)をはじめとし、ヘリテージ・ウオッチ・マニュファクトリー(Heritage Watch Manufactory)、そしてルロワ(Leroy)向けにプロトタイプを作成した。いずれもある理由で販売されることはなかったが、ついに自身の名を冠したブランドを立ち上げ、そして第1作として発表したのがスピログラフ・トゥールビヨンである。
目指したのは、毎日着けられるような実用的なトゥールビヨン。その実現のため、同モデルでは巨大なトゥールビヨンキャリッジ、特許取得の両端に重りを付けたバランスによって慣性モーメントを高め(スペック値では64 ㎎/㎟)、さらに耐磁かつ耐衝撃性に優れたシュトラウマン社製耐磁合金ヒゲゼンマイを採用。古典的なトゥールビヨンウオッチでありながら5000Gsまでの耐衝撃性を備え、さらに1000ガウスまでの耐磁性をも実現した。また、本来70時間のパワーリザーブを備えるが、あえて42時間に短縮。古典的なジュネバストップ機構を利用して安定した精度も追求されている。

 

スピログラフ・トゥールビヨンが搭載するムーヴメント、Cal.360。古典的なクロノメーター、さらにマリンクロノメーターとして設計および製造されたモデルで、ピラースタイルの構造やジュネバストップ機構を備えた大型の主ゼンマイに非常に高い慣性を備えた大きなテンプ、ワンミニッツ・トゥールビヨン、ダブルターミナルカーブのヒゲゼンマイなど様々な高精度の機構が集中する

鑑賞用ではなく、使うために生まれた
耐磁&耐衝撃トゥールビヨン

スピログラフ・トゥールビヨン

古典的なアプローチながら、優れた耐衝撃性と耐磁性を実現した実用トゥールビヨン。リューズも大きく、操作性が考えられている。コンプリケーションウオッチだが、あくまでも実用重視のため、ケースは気兼ねなく使えるスチール製、文字盤デザインも華美にならないよう、あくまでもシンプルに徹している。
■SS(45㎜径)。3気圧防水。手巻き(Cal.360)。
世界限定25本(うち20本はすでに販売済み)。8万5000〜9万5000スイスフラン(日本円で約935万〜1045万円) ※掲載している日本円は、1スイスフラン=110円で計算し、算出

 

Montres Karsten Fräßdorf の[語りドコロ]

搭載されるCal.360。巨大なトゥールビヨンを載せるのにふさわしい38㎜径、8.3㎜厚の大きなサイズを誇る。二つの重りの付いた特徴的なバランスが目に付くが、香箱に取り付けられるジュネバストップ機構は、懐中時計に用いられていた古典的な機構で、ゼンマイが完全に巻かれる前に停止させ、最も等時性に優れた動力のみを利用し精度の安定を図る機構だ

 

 

モントレ・カーステン・フレスドルフ
http://www.montres-kf.com

関連記事

  1. セラミックベゼルをもつブロンズ製「サブマーシブル ブロンゾ ̵…

  2. 独創的な操作構造を持つモノブロックシリーズの限定モデル

  3. 見どころが満載! クドケの自社ムーヴ

  4. 盛岡セイコー工業の伊藤 勉氏が平成30年度の現代の名工(卓越した技能者…

  5. 日本初上陸! スイスメイドにこだわる腕時計ブランド“クリュ オートマチ…

  6. イタリア発、レトロな回転ディスク式のメンズ時計“トリフォグリオ”

  7. トーマス・ニンクリッツの伊勢丹メンズ館限定モデルが登場

  8. メッシとジェイコブがパートナーシップを締結し、限定ウオッチコレクション…

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計