【WLN女子部発】ステンレスなのにジュエリーのように美しいディオールの新作時計、見てきました!

 女性編集者がレディースウオッチの新作を実際に見て、感想を交えて紹介する本企画。今回はDIOR(ディオール)の人気コレクション“ラ デ ドゥ ディオール サティーヌ”を紹介する。

【モデル紹介】

 ファッションやジュエリー、コスメなど世界中の女性を虜にするアイテムを発信してきたディオール。その女性心を掴む高いデザイン性は、時計においても発揮されている。

 今回は数々のディオールの時計のなかでも、シンプルでファッショナブルなデザインが魅力の“ラ デ ドゥ ディオール サティーヌ”に注目してみた。

 この“ラ デ ドゥ ディオール サティーヌ”の一番の特徴は、メゾン独自で作る“ミラネーゼメッシュブレス”だろう。

 金属とは思えないようなしなやかな質感であるため、最初に見た時はどう作られているかがわからなかったのだが、実はこれ、交互に編み込まれたメッシュブレスを作ってから、プレスするという手間をかけて作られたもの。

 わざわざ成型したものにさらにひと工程を加えるなんて、綺麗な見た目の裏には丁寧な作業の積み重ねがあるのだなと感じた。

 また普通にプレスした場合だと表面の仕上げにバラつきが出そうだが、本モデルのブレスレットをよく見ると、ひとコマ一コマがほぼ同じサイズのひし形状になっている。緻密に計算された上でプレス作業をしたのが想像できる、同ブランドの加工技術の高さがうかがえるポイントだ。

 文字盤の美しいデザインも魅力だ。文字盤のマザーオブパールは天然のもののなかからより美しく輝くものをディオールがセレクト。派手にキラキラと光るのではなく、落ち着いたホワイトカラーが楽しめる、上品で美しい色合いだった。

 もうひとつ注目してほしいのが、インデックスを採用していないところ。文字盤をあえてシンプルにし、12時、3時、6時、9時位置にダイヤモンドを配すことで、上品なアクセントとなっていた。

 また2019年から採用されているイエローゴールドベゼルもポイントになっている。このベゼルにも模様が異なるがプレス加工が施されており、鏡面仕上げとざらつきのある梨地に仕上げの加工方法が分られているのだが、近くで見ないと仕上げの違いに気づかないほど、細かく丁寧に仕上げられていた。

【装着感は?】

 まず腕に着ける前に、ミラネーゼメッシュを手に取った時、その一般的なメッシュブレスとは違う質感に驚かされた。コマの凹凸がほとんどなく、触り心地も非常に滑らかだった。

 腕に乗せてみると、腕の形にそって吸い付くように馴染んでくれた。その上軽いので、長時間でもストレスなく着けていられそう。ブレスレットが浮くこともなかったので、これなら腕が細い人でも装着感を気にすることなく着用できるだろう。

【推しのポイント】

時計の専用器具がなくても、その日の気分でベルトを付け換え可!

 2019年から採用されたのが、裏側のレバーを操作することでブレスレットの付け換えができる仕様。時計の専用器具なしに、誰でも着脱ができ、その日の気分に合わせてブレスレット(別売り)を変更できるので、おしゃれが広がりそうだ。

ジュエリーに合うデザイン

 ケースとブレスレットの間にラグがないため、まるでジュエリーのようにも楽しめ本シリーズ。ジュエリーとのマッチングが良いので、パーティーシーンにもぴったりだ。それもそのはず、本シリーズを手掛けたのはディオール ファイン ジュエリーのアーティスティック ディレクター、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ氏である。これまでベルサイユ宮殿などをモチーフに華やかなジュエリーを手がけてきた同氏のノウハウが込められた時計なのだ。

 さらに遊革など細かい部分にまで、プレス加工を採用。時計を美しく見せるデザインの技術は、ジュエリーブランドとしても名高いディオールらしいデザインといえる。

 ラグジュアリーなウオッチといえばゴールドを使うのが定番。そんななか、ステンレスでもラグジュアリーに仕上げるあたりはさすが、ジュエリーを得意とするディオールならではの発想力と加工技術の高さを感じた。

 あらゆるシーンで女性の腕元を華やかに演出してくれる本モデルは、着けているだけで女性としての自信を高めてくれそう。その着け心地の良さやデザインの美しさをぜひ、その目で確かめてほしい。


*スペック*

Ref.CD047123M001。SS×YG×ダイヤモンド(25mm径)。30m防水。クォーツ。65万7800円

文◎佐波優紀(編集部)

【問い合わせ先】

クリスチャン ディオール
TEL:0120-02-1947
ディオール 公式サイト
https://www.dior.com/ja_jp

オススメ記事

  1. 編集部が選んだ買いのダイバーズ7選/EDOX(エドックス)

  2. 【実機で本音レビュー】予算10万円台、変形ケースが目を引くZODIAC…

  3. アクティブな女の子のための新作ウオッチがロキシー×BABY-Gから新登…

  4. 日本公演も大成功!ギター1本で9万人を魅了したエド・シーランの愛用時計…

  5. 受け付け終了迫る! 締め切りは12月7日(金)まで

  6. 女性必見! FRANCK MULLER(フランク ミュラー)のホリデー…

  7. A.ランゲ&ゾーネがイギリスのクラシックカーイベントに初協賛

  8. 予算5万円でコスパ抜群! 70年代テイストの本格レトロダイバーズ/編集…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計