【ヴァシュロン・コンスタンタン珠玉のアンティークが買える⁉︎】東京・大阪にて“レ・コレクショナー”が巡回展示

 VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン・コンスタンタン)は20世紀全般に及ぶアンティーク時計から代表作を厳選し、2020年12月7日(月)~31日(木)まで約1カ月東京・大阪のヴァシュロン・コンスタンタン直営ブティックにて巡回展示を行う。またあわせて、選りすぐりのアンティーク時計の販売も行う。

膨大なアーカイブコレクション

 創業260年を超えるヴァシュロン・コンスタンタンは、時計の分野で自社の膨大なアーカイブを蓄積してきた。そんなアーカイブやプライベート・コレクションから成る1500点以上の時計のうち、選りすぐりの歴史的モデルを展示する特別イベントを各地のブティックで開催している。

“レ・コレクショナー“

 ヴァシュロン・コンスタンタンは、このブランドに精通する専門家やと目利きの熱心な愛好者とを同じ情熱のもとでひとつに結びつける必要があると早くから感じ取り、“レ・コレクショナー“を創設した。それは、マニュファクチュールが有する大量の資料や人材を活用してヴァシュロン・コンスタンタンの歴史的な時計を収集して修復を施し、世界中に展開するヴァシュロン・コンスタンタンのブティックで特別イベントを開催してそれらを販売するというアプローチから成り立っている。

新たな命を吹き込まれた時計たち

 懐中時計や腕時計を問わず、これらのアンティーク時計の収集に取り組むのは、ヴァシュロン・コンスタンタンのヘリテージ・チーム。活動の目的は、ヴァシュロン・コンスタンタンが長年にわたり世に送り出した代表的な時計の一覧を作成することにある。そのために、オークションルームや個人とのコンタクトなど、あらゆるルートを利用するが、彼らが常に肝に銘じているのは、時計がシンプルなモデルであろうと、リピーターやカレンダー、クロノグラフといった複雑なモデルであろうと、時計を選ぶ際に決定的に重要なのはエキスパートの鑑識眼だということ。懐中時計は主に1910年から30年、腕時計は1970年以前で、とりわけ好ましいのは1940年から60年あたりが対象になるが、これらは2段階の検査を受けなくてはならない。何よりまずはじめは、歴史的な検証だ。自社のアーカイブにはおよそ1世紀半に及ぶケース番号とムーヴメント番号をリストアップした記録があり、これと照合して時計の真正を確かめるために行われる。
 次は、技術的な調査だ。単純なクリーニングから修復まで、どの程度まで時計に手を加える必要があるかを見極めるために行うのだが、あくまでも基本方針は、できる限り時計をオリジナルの状態に保つこと。必要な場合は、古い時代の部品を使って動く状態に修復する。ヴァシュロン・コンスタンタンにはそのための膨大な補修部品が保存されている。あるいは、昔ながらの方法を用い、自社のなかで同じ形の部品を作ることもある。これらの過程をすべて経た時計は、真正を証明する鑑定書と2年間の保証書が付けられる。2年間の保証書は、ヴァシュロン・コンスタンタンの通常コレクションの全モデルに発行されるものと同じだ。

販売時計の一部を紹介

 修復されたアンティーク時計をメゾンから直接購入できる貴重なこの機会。これらの時計を世界中で披露するイベントは、長年の収集家のみならず、時計づくりの歴史を深く掘り下げてもっと知りたいと願う若い世代をも魅了するだろう。

プラチナ製オープンフェイス型、超薄型ミニットリピーター懐中時計 – 1928年製造
 20世紀初頭、プラチナはそのモダンな側面と耐久性、ケースの製造を容易にする作業性で高く評価された。その希少性とその物理的性質のおかげで、それは最も価値の高い素材となった。コレクターにとって卓越した素材であり、純粋(95%以上)、希少(ゴールドよりもはるかに希少)、そして永遠(時間とともに酸化しない)であるといわれている。アール・デコ時代、ヴァシュロン・コンスタンタンはそれをロッククリスタル、カラーストーン、透かし彫りのムーヴメントと組み合わせて懐中時計を作った。
 シルバーの文字盤を備えるほか、ブラックエナメルのアラビア数字、6時位置にスモールセコンド、外周に“レイルウェイ“ミニッツトラックが配置された超薄型ミニットリピーターを搭載する本作。1806年以来、超薄型チャイム機構製造のスペシャリストと見なされているヴァシュロン・コンスタンタンの技が光る逸品だ。社内アーカイブにおける最初の記録によると、この時計は1929年にニューヨークで販売されていたことが確認されている。

Pt46mm径)。厚さ5.7mm。手巻き(Cal. RA 17″ 20/12)。1928 年製。638 万円(税込み)


18Kピンクゴールド製コンプリートカレンダー腕時計 モデル4240 – 1947年製造
 “リファレンス4240“は、2017年に“ヒストリーク“コレクションのラインアップとして、メゾンがオリジナルモデルをリデザインしている。1942年に発売された“リファレンス4240“は、ひと目で分かる特徴的な“トリプル・ゴドロン“装飾のケースデザインと“クロウ(鉤爪)“型のラグにより、すぐにメゾンの象徴的なモデルになった。
 このケース径35mmの手巻きモデルは、ディスクを用いて、曜日と月がフランス語にて表示されている。またツートンカラーのシルバー文字盤が備わっており、12時位置の中央部分にフランス語表記の曜日と月の表示、さらに外周に赤色アラビア数字のデイト表示、そして、6時位置のスモールセコンドが配されている。二つの同レファレンスが2019年にオークションで販売され、また1947年にモロッコのタンジェで販売された記録も残っている。

K18PG35mm径)。手巻き(Cal. 12″ 1/2-V485)。1947 年製。429 万円(税込み)


18Kピンクゴールド製クロノグラフ腕時計 モデル4072 – 1946年製造
 モデル4072は、ヴァシュロン・コンスタンタンによる二つの最も成功したクロノグラフモデルのひとつだ(もうひとつはモデル4178)。その製造は1930年代後半に始まり、1970年代初頭に終了した。製造中、リファレンス7072にはキャリバー295、V492およびV434と三つの異なるクロノグラフムーヴメントが搭載されていた。調査によると、キャリバー492を搭載しているリファレンス4072は、ごくわずかな例として100本未満がピンクゴールドで作られた。この直径35mmの手巻きモデルはホワイトエナメル文字盤を備え、二つのアラビア数字と八つのゴールド製インデックス、3時位置に30分カウンター、9時位置にスモールセコンド、そして外周にミニッツトラックを配している。1947年にジュネーブで販売されたことも確認されている。

K18PG35mm径)。手巻き(Cal. 13” 434 chron)。1946 年製。523 6000 円(税込み)

【スケジュール案内】
1.ヴァシュロン・コンスタンタン ブティック 銀座店
日程)2020年12月7日(月)~ 12月13日(日)
営業時間)平日13:00~20:00、土日祝12:00~20:00(定休日なし)
場所)ヴァシュロン・コンスタンタン 銀座ブティック 2階
住所)東京都中央区銀座 7-8-8 Tel: 03-3569-1755
お問い合わせ)0120-63-1755

2.ヴァシュロン・コンスタンタン ブティック 新宿伊勢丹店
日程)2020年12月16日(水)~ 12月20日(日)
営業時間)10時〜20時(定休日なし)
場所)伊勢丹新宿店 本館5階
住所)東京都新宿区新宿3-14-1 Tel: 03-3352-1111(代表)
問い合わせ先)0120-63-1755

3.ヴァシュロン・コンスタンタン ブティック 大丸心斎橋店
日程)2020年12月23日(水)~12月31日(木)
営業時間)10時~20時 (定休日なし)
場所)大丸心斎橋店 本館6階
住所)大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 Tel: 06-6271-1231(代表)
問い合わせ先)0120-63-1755
※ 今後の状況により、営業時間変更または臨時休業を実施する場合あり

【問い合わせ先】
ヴァシュロン・コンスタンタン
TEL:0120-63-1755
ヴァシュロン・コンスタンタン 公式サイト
https://www.vacheron-constantin.com/jp/home

オススメ記事

  1. 5万円台でコスパ抜群! 1940年代の時計を復刻したロータリーの限定機…

  2. 話題の新作スマートウォッチを実機で徹底レビュー! FOSSIL(フォッ…

  3. 誕生15周年を迎えて完成したシリーズの集大成! BALL WATCH(…

  4. 伝説的なキャリバー321が復活! 月面着陸50周年で登場する、もうひと…

  5. 【普通のクロノグラフで満足ですか?】今年の秋は、古典的で洗練された “…

  6. 【俳優・木下ほうか氏監修】往年の名機をモチーフにした日本製機械式時計が…

  7. 【お待ちかねの1位〜5位まで】“タイムギア読者が選んだ欲しい時計ランキ…

  8. 新・仮面ライダーセイバーの主人公、神山飛羽真(かみやまとうま)が“ファ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計