弊社オリジナルブランド「アウトライン(OUTLINE)」の公式WEBサイトを開設しました!

 2019年1月に誕生した、筆者がプロデュースする時計ブランド“アウトライン(OUTLINE)”。早くもこの1月で設立2周年を迎えた。おかげさまでコレクションも少しずつ増え、12月に発売した1980リビルドシリーズの3型を加えると何と8種類にまでなった。

 そこで、これらをわかりやすく整理した公式のウェブサイトを制作、それがこのほどやっと完成。キャンペーン情報などのニュースや、各商品の説明ページからは購入ページ(タイムギアオンラインショップ)にもダイレクトにアクセスできるようにしている。ぜひ一度のぞいてみていただけるとうれしい。

アウトライン(OUTLINE)公式WEBサイト

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. 【第12回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|ロレックスといえど無視でき…

  2. 菊地の【ロレックス】通信 No.091| 愛好家が注目するデイトナの2…

  3. 夏はやっぱりコイツが似合う! ヨットマスター40|【ロレックス】通信 …

  4. 日本未上陸の傑作ドイツ時計<C.H.ヴォルフ>

  5. 振り子式自動巻き機構をもつドイツ時計“ハマティック”、その2020最新…

  6. 【ロレックス】通信 No.037|2カ月間で最大29万円の下落に。4月…

  7. 【ロレックス】通信 No.025|新旧デイトジャスト41を実機で比較し…

  8. 菊地の【ロレックス】通信 No.074|並行輸入店に聞きました。何が売…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計