【この重厚な雰囲気で9900円!?】戦闘機のコックピットクロックを復刻した、“キュリオスキュリオ”のオリジナルデスククロック

 東京・南青山にあるアンティーク時計ショップ“キュリオスキュリオ”が手がけたオリジナルのデスククロック。今回は、編集部員が実機でインプレッションして、その魅力を紹介していこう。

》インテリアにアクセントをプラス、ミリタリーデザインのデスククロック

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のために緊急事態宣言が発出され、家の中で過ごす時間が増えている昨今。外出自粛が続くと他人から見られる機会が減りそうなものだが、実際にはオンライン会議、オンライン飲み会など、意外に自分のライフスタイルが人目に触れる機会は少なくない。また、巣ごもりが長くなるにつれて、自分の住環境を充実させたい、オシャレにしたいという欲求が増えている人も多いのではないだろうか。

 そこで注目したいのが、時計としての実用性と、インテリアとしての魅力をどちらも満たしてくれるデスククロックである。今回は東京・南青山にあるアンティーク時計ショップ“キュリオスキュリオ”が、細部までこだわって製作したオリジナルの“デスククロック”を紹介していこう。


》モチーフになったのは第二次世界大戦時のコックピットクロック

 ミリタリーウオッチの品揃えに定評のある名店らしく、第二次世界大戦時、アメリカ軍の戦闘機に搭載されていたコックピットクロックをデザインモチーフにしており、重厚な質感を備えた外装、機能的な文字盤デザインが、抜群の雰囲気を醸し出す。オフィスのデスク周りに、または、リビングや部屋のインテリア等、日常生活に溶け込ませつつ、さりげなくミリタリーデザインを楽しめるという、時計好きにも、ミリタリー好きにもおすすめのアイテムなのだ。


 上の写真はこの商品のモチーフとなった、アメリカ陸軍航空隊に支給された当時のコックピットクロック。コックピットクロックとは第2次世界大戦期、軍の戦闘機やヘリのコックピットパネルにはめ込まれた時計のことを指し、当時、アメリカ軍では厳格なミルスペック管理のもとで、ウオルサム、エルジン、ハミルトン、ロンジン、ティソ、ルクルトといった時計製造メーカーに発注していた歴史をもつ。

 不具合や故障が出た場合、修理をするために簡単に取り外しができるはめ込み式となっていることも特徴で、それゆえに、当時の個体が現在でも意外にも良好なコンディションのままで残っているのだ。

 キュリオスキュリオでもそうしたアンティークのコックピットクロックを販売してきたのだが、“その存在感やカッコ良さをミリタリーウオッチ好き以外の人にも知ってもらいたい”という思いから、復刻版を製作したというわけだ。


》ディテールの作り込みにアンティークの名店ならではのこだわりが光る

 日焼けによる経年劣化の雰囲気や色を表現するために、黒ツヤ消しとなった文字盤にはフォントを荒したオレンジ色のインデックスを配置。あえてブランド名などを排除した簡潔な意匠に仕上げた点にも、アンティークの取り扱いでも本物を追求するキュリオスキュリオならではのこだわりが光る。


 前面、裏面、電池蓋、アラームノブなど、外装パーツには質感、重量感が損なわれてしまわないよう金属(アロイ合金)を採用。重量は約295グラムと、実際手に取って際に軍用らしいずっしりとした重みを感じる重厚な仕上がりになっている。ちなみに、時計本体左下にあるノブは本来ゼンマイを巻く機能であったが、復刻バージョンでは目覚ましアラームのON/OFFスイッチにアレンジされているというのも面白い。時分秒針が白、アラーム針を赤でデザインすることで視認性を確保し、同時にデザイン的なアクセントが加えられている。


 外装に関してはオリジナルのコックピットクロックの味わいと質感を再現する一方で、ムーヴメントに関しては、クォーツを採用することで現代のライフスタイルにマッチする精度と利便性を向上。時刻表示に加えて、アラーム機能が搭載されており、デスクククロックとしての機能、実用性が追求されているので、とても使いやすい。時刻の調整は裏面にあるリューズで行う。右に配置されたリューズ(時分針のマーク)で時刻を調整。左に配置されたリューズ(ベルのマーク)でアラームの調整を行う。


》編集部のおすすめモデル
CURIOUS CURIO(キュリオスキュリオ)
オリジナル コックピットクロック-U.S.Military Type Cockpit Clock

ミリタリーはファッション、プロダクトの分野で幅広く取り入れられている人気ジャンルのひとつ。機能的で時間を読み取りやすいデザインに仕上げられたデスククロックは、オフィスのデスクやリビングなど、日常生活に違和感なく溶け込みつつ、存在感やカッコ良さを主張することができる。ミリタリーファンならずとも、ぜひ実機でその魅力を味わってみてほしいアイテムといえるだろう。このアイテムは、カジュアルウオッチ専門誌、“タイムギア”の公式通販でも販売をスタートしているので、気になった人はぜひチェックしてみて欲しい。

■素材:合金(前面、裏面、電池フタ)、ミネラルガラス、プラスチック(ムーヴメント)、アルミニウム(針)
■ムーヴメント:中国製クォーツムーヴメント(3針アラーム機能付き)
■サイズ:W87mm/H87mm/D35mm(スイッチ部分含まず)
■重量:約295g
■税込価格:9900円

 

【問い合わせ先】
キュリオスキュリオ
TEL:03-6712-6933

【公式発売サイト タイムギア ONLINE SHOP
https://timegear-onlineshop.com

 

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 【第1回は“トランプ大統領”の愛用時計】アメリカ大統領選、主要候補者の…

  2. 【注目の時計を実機レビュー】ドイツから日本へ本格上陸|“DETOMAS…

  3. 【ケースの中身まで実機レビュー】名機レマニア5100の系譜を継ぐ、“ダ…

  4. シチズン アテッサAT8040を4万通りにカスタマイズ! FTS(ファ…

  5. 【あの名作からインスパイア!?】新上陸ブランド、“アット ベリティカリ…

  6. 【ダイバーズと防水時計は違う!?】意外と知らない時計の基礎知識-第2回…

  7. ドイツ時計の魅力を再考する<ユンハンス>

  8. 【夏の夜のお月見でも大活躍!?】カル・レイモンが、“ムーンフェイズ調整…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計