Q36.ロレックス独自の発光塗料“クロマライト”は、スーパールミノバと何が違う?【ロレックス編】

A.青く光るほか、スーパールミノバより発光する持続時間が長い

 前回、Q35では針やインデックスなどに塗布される夜光塗料についてお届けした。今回は同じ夜光塗料のなかでも、ロレックスが独自に開発した“クロマライト”について紹介したい。

 ロレックスも2000年頃からはトリチウムに変わってスーパールミノバが採用されていた。
 なおスーパールミノバは日本の根本特殊化学株式会社が開発した“ルミノーバ”をもとに、根本特殊化学とスイスのトリテックAGとの合弁会社として1998年に設立された、ルミノバAGが開発したもの。ルミノーバより発光量の大きいものだ。
 それが、2007年に復活したミルガウスから新たに独自開発したクロマライトという夜光に変更された。

 クロマライトは2007年に登場し、ミルガウスなどに採用された。以降ディープシーやエクスプローラーIなどに続々と採用され、いまやほとんどの現行モデルでクロマライトが使用されている。
 スーパールミノバは暗所において緑色に発光するが、クロマライトは青色に発光するのが特徴だ。
 最大の違いはずばり発光時間。スーパールミノバが約4時間発光するのに対し、クロマライトはおよそ8時間とスーパールミノバの約2倍の持続時間を誇るといわれている。

写真上がスーパールミノバで、下がクロマライト。比較してわかるとおり、暗所で青く光っているのが特徴だ

 

文◎松本由紀(編集部)

参考文献
『ロレックス 最新が最高の理由』(シムサム・メディア、2011年)P15

 

【関連リンク】
■Q35.現代の時計に採用されるルミノバはどこの会社が作った?
■Q12.“牡蠣”を意味する英語名が付くロレックスの3大発明とは?【ロレックス編】
■Q24.ロレックスはレファレンスナンバー(品番)でどんなモデルかわかるって本当?【ロレックス編】
■Q26.ロレックスのリューズトップにある王冠マーク下のドットなど、刻印の意味することとは何か?【ロレックス編】
■Q29.ロレックスのエバーローズゴールドは、普通のピンクゴールドとどう違うのか【ロレックス編】

オススメ記事

  1. 菊地の【ロレックス】通信 No.079|異彩を放つ “チェリーニ プリ…

  2. 【ロレックス】通信 No.020|新旧デイトジャスト36を実機で比較し…

  3. 【ロレックス】通信 No.034|デイトナが30万円も下落したリーマン…

  4. 年明け早々急上昇、1週間でこんなに上がるとは!? |【ロレックス】通信…

  5. やっぱりいい! GMTマスター II の新オイスターブレス仕様|【ロレ…

  6. 【ロレックス】通信 No.009|約30万の価格差。GMTマスターII…

  7. 意外と知られていないサブマリーナーの逆回転防止ベゼルのこと!|【ロレッ…

  8. Q14.時計のムーンフェイズ機構、ある職業の人たちにとっては欠かせない…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計