OUTLINEニュース クラウドファンディング 小スライド 編集部セレクション 連載記事 @kikuchiのいまどきの時計考

【5万円台で早くも完売続出】1960年代にNASA宇宙飛行士も装着の歴史的ブレスに37.6mmの絶妙なサイズ感|OUTLINEニュース no.137

3種類のデザインバリエーション

現在、クラウドファンディング「WATCH Makers(ウオッチメーカーズ)」で先行予約を受け付けしているアウトラインの最新作“2レジスタークロノ・シリーズ II ”。開始早々に完売するものが続出するなど、おかげさまで大きな反響を呼んでいる。

そこであらためて“シリーズ II ”を作った背景について触れたいと思う。実はかねてよりある歴史的なメッシュブレスを使った腕時計を製品化したいと考えていて、その協力を得られたことで今回の新作が実現したというものだ。

その歴史的なブレスレットとは、かつてオメガの時計に装着されて宇宙に携行された伝説のJBチャンピオン・メッシュブレスである。筆者が刊行するアンティーク時計の専門誌「LowBEAT(ロービート)16号」に掲載された記事(下の写真参照)がそれだ。

ロービート16号に掲載されたJBチャンピオン・メッシュブレスの記事

当時の貴重なオリジナルのJBチャンピオンブレスである。歴史的背景もさることながら、現物を見たときに素直に高級感があってカッコいいと感じたことも大きい。

上の記事に写っているNASAの宇宙飛行士は、アメリカ初の宇宙飛行士として選ばれた7人「オリジナル・セブン」のひとり、ゴードン・クーパー。彼は1963年5月に打ち上げられたマーキュリー・アトラス9号の飛行時にこのJBチャンピオンのメッシュブレスをオメガに装着したと言われている。

ちなみに右手首にJBチャンピオンのメッシュブレスを着けている記事の写真はアポロ12号を背景に撮影した後年のものである。なお、なぜこのメッシュブレスが選ばれたかは、来週のOUTLINEニュースでお届けしたいと思う。

とても丁寧に作られていて適度な輝きを放ち高級感もあってカッコイイ。エンドピーススプリングで伸び縮みするため、19〜22mmのラグ幅に対応。様々な時計に付け替えて楽しむことができるのもポイントだ

そして、今回の新作“シリーズ II ”に採用したのは、フォースナーのコムフィットブレス。これは10年前にアメリカでJBチャンピオンのメッシュブレスを忠実に復刻して製品化したもので現在は一般に販売されている。実はもともとチェーンメーカーのフォースナー社が開発したこのコムフィットブレスが原型。つまりそれをJBチャンピオンとして販売したというのが実情だ。日本でも時計愛好家の間では知られる存在で、1万9800円で通常に販売されている。

今回、時計のデザインもこの伝説のメッシュブレスの雰囲気を大切にしながら開発、1960年代の手巻きクロノグラフをデザインモチーフにして、二つ目インダイアルにアルファ針を採用してグッと古典的に仕上げている。

メッシュブレスの程良い輝きが感じられ高級感があってとてもスタイリッシュ。クロノグラフウオッチながらビジネスシーンでも違和感なく楽しめる

時計全体をモノトーンでシックな色合いに抑えて落ち着いた雰囲気にしているため、逆にメッシュブレスの程良い輝きが感じられ高級感があってとてもスタイリッシュ。クロノグラフウオッチながらビジネスシーンでも違和感なく楽しめるはずだ。

さらにケース径37.6mm(ベゼル径39.6mm)に厚さも約9.9mmと細身の日本人の手首にもすんなり納まるベストなサイズのため着用感はバツグンなのである。記事の冒頭でも触れたように、詳細はクラウドファンディング「WATCH Makers」で公開中。先行予約を超早割が5万2800円と20%OFFで提供しているのでぜひチェックしていただけたら嬉しい!

クラウドファンディング[WATCH Makers]
https://watchmakers.en-jine.com/projects/chrono2

【YouTubeのショート動画】モノトーンでシックな雰囲気にメッシュブレスの光沢感がほどよく輝いて、とてもスタイリッシュです!

【アウトライン 2レジスタークロノ・シリーズ II 】

・型番:(左)Ref.YK20241-1BBIV、(中)Ref.YK20241-2MBBK、(右)Ref.YK20241-3BBBK
・素材:素材:(ケース)316Lステンレススチール(ネジ込み式リューズ)
・サイズ:ケース径37.6mm(ベゼル径39.6mm)、ケース厚9.9mm(ドーム風防含む12.6mm)
・防水性:3気圧防水(日常生活防水)
・駆動方式:クォーツ(セイコー製Cal.VK64)
・機能:クロノグラフ(9時位置に60分積算計)、24時間計(3時位置)
・初回生産本数:200本(YK20241-1BBIV)、100本(YK20241-2MBBK)、70本(YK20241-3BBBK)
・希望小売価格:各66,000円(組み立て:日本)
・保証期間:1年間

クラウドファンディング[WATCH Makers]
https://watchmakers.en-jine.com/projects/chrono2

■【4万円台大ヒットの理由】7カ月ぶりに再入荷した“2レジスタークロノ”を菊地吉正が「YouTube」で徹底解説
■【36mmの小顔に絶妙なゴールド使い】50年代にアメリカ時計市場向けに作られたハニカムホワイトを再現|
■【軍用フライングオフィサーをSEIKOメカクォーツで再現】3万円台で買える世界23都市多機能クロノ

菊地 吉正 - KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。
2019年から毎週日曜の朝「総編・菊地吉正のロレックス通信」をYahooニュースに連載中!

次のページへ >

-OUTLINEニュース, クラウドファンディング, 小スライド, 編集部セレクション, 連載記事, @kikuchiのいまどきの時計考