ドイツ時計 小スライド 新作時計ニュース

【ドイツ時計の代表ブランド“ジン”】名作“903シリーズ”を再設計した正統進化系モデルを発売!

1961年の創業以来、本質である視認性を重要視した実用時計を開発するジンが、自社のナビゲーション・クロノグラフを代表する“903”シリーズを完全に再設計した新たなクロノグラフ“903.St.II”シリーズの3モデルを発表。いずれも2024年初夏の発売が予定されている。

【画像】全6モデル、“903シリーズ”を再設計した文字盤・ケースをさらに見る!

サンレイ仕上げのブラック文字盤を備えたシリーズ標準モデルの“903.St.II”、アイボリーカラーのアプライドインデックスを備えたダークブルー文字盤の“903.St.B.E.II”、そして世界500本限定でライトブルーのサンレイ仕上げ文字盤が美しい“903.St.HB”の3本がラインナップされた“903.St.II”シリーズは、パイロットやナビゲーターのための機能が盛り込まれた計時機器“903シリーズ”のベースデザインを保ちながら、再設計によりブラッシュアップされた比類ない操作性が特徴だ。

再設計されたケースは、時計の外径からスムーズな操作が可能なインナーベゼルが備えられたうえ、20気圧という高い防水性能も実現。ジンの技術革新の高さを改めて証明している。

ジンのコレクションにおけるナビゲーション・クロノグラフの伝統が刻み込こまれた文字盤は、時間・距離・燃料消費量の計算に使用できる対数目盛りを備えた計算尺ベゼルを備え、インデックスや時分針にハイブリッド・セラミックの夜光塗料を使用。高濃度の夜光塗料をそれぞれのハイブリッド・セラミックに使用するという革新的な方法により、極めて高い輝度と暗闇での視認性を実現した機能的デザインだ。

また、トリコンパックス配置のコラムホイール・クロノグラフ・ムーヴメントの搭載も“903.St.II”シリーズの技術的特徴のひとつ。完全に巻き上げた状態から約60時間のパワーリザーブを備え、高精度かつ高い利便性を実現している。

さらに、文字盤上のアプライドスタイルの“Sinn”のロゴをはじめ、細かな部分のディテールにもこだわりを感じさせる仕上がりだ。

予定価格は世界限定500本の“903.St.HB”が、85万8000円(付け替え用ベルト一本付属)。残る2つはベルトが選択でき、ステンレススチール製を選択時は82万5000円、レザー製選択時が75万9000円となっている。

 

【問い合わせ先】
ホッタ
Tel.03-5148-2174

 

文◎Watch LIFE NEWS編集部

【そのほかのニュースもチェック!】
■【深度5000mまでの防水・耐圧性能を実現】ドイツ時計“ジン”最強ダイバーズ
■【20年ぶり!? プロユースのドイツ時計“ジン”】限定の手巻きクロノグラフを発売

次のページへ >

-ドイツ時計, 小スライド, 新作時計ニュース