SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.02】エルメス

3年かけて開発。北半球と南半球のムーンフェイズを同時に表示

 SIHHへの出展2回目となった2019年、エルメスのブース内中央に巨大な球体のインスタレーションが出現した。これは気鋭のデザインエンジニアとしてロンドンを拠点に活躍する、デザイン・エンジニアリング・スタジオ Tangentが手掛けたもので、テーマは“here”。つまり地球を表したものだという。ブースの外から見ると黒っぽく感じるが、デッドストックの太陽電池を使った約2万500個もの三角形(下の写真)をしたパーツを組み合わせて作られている。

 そしてエルメスが今年の年間テーマに据えたのは“夢を追いかけて”。人類の夢として異次元の世界への旅になぞらえ、エルメスは“月”をモチーフにした“アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ(ARCEAU L’HEURE DE LA LUNE)”を発表。加えて、そんな月が瞬く夜空と銀色のオオカミがエナメル技法で文字盤上に描かれた“アルソー Awooooo”といったスペシャルエディションや、女性向け新コレクション“ギャロップ ドゥ エルメス”なども発表した。

アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ

 北半球と南半球のムーンフェイズを同時に表示するというアルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ。3年かけて開発したというだけあって斬新なデザインももちろんだが、その表現方法も実に独創的である。

 文字盤上にセットされた二つのスモールダイアルは一方が時刻表示、もう一方がポインターデイト式の日付けダイアルである。この二つの小さなダイアルが対となりながら文字盤上を浮いたような状態のまま59日で1周、文字盤上に表現された二つの月の上を二つのダイアルが通る際(上の写真)に月の満ち欠けを表現するというものだ。

 夜空を表現したこの文字盤に使用されている素材には、メテオライト(上の写真)ともうひとつアベンチュリンの2種類の石が用意された。そして、それらの石にマザー・オブ・パールの月が象嵌(ぞうがん)技法で埋め込まれている。ちなみに、12時位置が南半球、6時位置が北半球から見た月の満ち欠けを表している。

INFORMATION
モデル名:アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ
ケース素材:K18ホワイトゴ—ルド(文字盤はメテオライト)
ベルト素材:アリゲーター
サイズ:ケース径43㎜
防水性:3気圧防水
ムーヴメント:自動巻き(Cal.H1837/パワーリザーブ約50時間)
機能:時・分表示、ポインター式日付け表示、ダブルムーンフェイズ
税別予価:320万円(100本限定/2019年6月発売予定)、ほかにアベンチュリン(320万円、100本限定)あり

 

 

 

 

 

アルソー Awooooo

 デザイナーのアリス・シャーリーによってメンズシルクに描かれた、月に吠えるオオカミをモチーフに、繊細なエナメル技法を用いて文字盤上に見事に再現した世界限定8本という希少なスペシャルエディション。

INFORMATION
モデル名:アルソー Awooooo
ケース素材:K18ホワイトゴ—ルド
ベルト素材:アリゲーター
サイズ:ケース径41㎜
防水性:3気圧防水
ムーヴメント:自動巻き(Cal.H1837/パワーリザーブ約50時間)
機能:時・分表示
税別価格:917万円(8本限定/発売中)

 

 

 

 

 

 

ギャロップ ドゥ エルメス

 コンセルヴァトワールに収蔵されている馬具のオブジェからインスピレーションを得て作られたという新コレクション。光の効果を考えて生み出されたという流線的なフォルムが印象的。上品でエレガントな雰囲気を醸し出している。

INFORMATION
モデル名:ギャロップ ドゥ エルメス
ケース素材:ステンレススチール
ベルト素材:カーフ、ほかにアリゲーターあり
サイズ:ケースサイズ40.8×26㎜
防水性:3気圧防水
ムーヴメント:クォーツ(スイス製)
機能:時・分表示
税別予価:41万7000円(2019年6月発売予定)

 

 

 

 

 

 

アルソー 78

 非対称のベルトループ型ラグに、斜体のアラビアインデックスという特徴的スタイルのアルソー。その最新作は、鏡面のステンレススチールケースに対してベゼル部分だけをチタンにマイクロブラスト仕上げを採用、さらにはアントラシット(ダークグレイ)カラーの文字盤もグレイン仕上げによって独特の質感を表現するなど、全体をシックにまとめた。

INFORMATION
モデル名:アルソー 78
ケース素材:ステンレススチール
ベルト素材:カーフ
サイズ:ケース径40㎜
防水性:3気圧防水
ムーヴメント:クォーツ(スイス製)
機能:時・分表示・デイト表示
税別予価:37万5000円(2019年3月発売予定)

 

 

 

 

 

 

ケープコッド シェーヌ・ダンクル

 アベンチュリンとブラックスピネルによって黒文字盤にアンカーチェーンからインスピレーションを受けたというモチーフ“シェーヌ・ダンクル”がデザインされたケープコッドのニューバージョン。これに対して白文字盤をベースにマザー・オブ・パールとダイヤモンドを使ったタイプも用意されている。

INFORMATION
モデル名:ケープコッド シェーヌ・ダンクル
ケース素材:ステンレススチール(ベゼルにダイヤモンド42個、文字盤にアベンチュリンとブラックスピネル71個)
ベルト素材:アリゲーター
サイズ:ケースサイズ29×29㎜
防水性:3気圧防水
ムーヴメント:クォーツ(スイス製)
機能:時・分表示
税別予価:125万円(2019年2月中発売予定)

 

 

 

 

 

(取材・文◎菊地吉正/ブース写真◎神戸シュン)

問い合わせ:エルメスジャポン  TEL.03-3569-3300

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. ブランドの顔“フィフティ ファゾムス”が充実! 時計好きの琴線を刺激す…

  2. ドイツ・グラスヒュッテの伝統技術を堪能する。ノモスの新作限定モデルは必…

  3. 【ミドー新作情報】本格ダイバーズウオッチにGMT機能をプラス、“オーシ…

  4. 5万円前後で程よい38mm径! 秋の装いにはやっぱりクラシックミリタリ…

  5. ビクトリノックスの最上位コレクション、 エアボスに機械式の新モデルが登…

  6. ソニーのハイブリッド型スマートウオッチ “wena wrist(ウェナ…

  7. ボヴェの天文時計が、2018 ジュネーブウォッチグランプリの最優秀賞を…

  8. アテッサから造形が際立ったフローズングレー限定が登場

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計