【ロレックス(ROLEX)】通信 No.001|実にラッキーなデイトナ・オーナー氏!

 先週末に、某外車のディーラーに遊びに行ったときのこと。営業担当のN氏の左手首に目をやると相変わらずデイトナのRef.116520・黒文字盤(下の写真)が光っていた。しかもいまだに毎日着けているという。スゴイと言うよりも、デイトナのいまの状況をほとんど気にしていない、と言ったほうが正しい。

 そもそもN氏は、時計に興味があるというわけではなく、どちらかというと目的は高級外車ディーラーの営業という職業柄、身だしなみとして高級時計を着けているらしい。そんなN氏がなぜロレックスのなかでも一番の役物とも言えるこのデイトナを手に入れたのか。

上の写真(本人には了解済み)が3年間毎日仕事で着けているその時計がこれである。さすがにエクボ(へこみキズのこと)こそないが、かなり傷だらけである(笑)

 購入当時に聞いた話がこうだ。

 実は本人が欲しくて買ったわけではなく、お客さんの紹介で、なかば断れない状況で某百貨店の外商から購入したとのこと。購入したのは2016年。ちょうど新型のRef.116500LNが発表され、このRef.116520の生産終了が決まったタイミングだった。その紹介してくれたお客さんは新型のほうが欲しく(確かにかっこいい)なったため、代わりに紹介されたというのである。

 百貨店なので当然価格は定価。当時の定価124万2000円で買えること自体すごいことだが、驚くことなかれ、なんと少し値引きまでしてくれたというのである。当時、普通に並行輸入店で購入したら160万円台というプレミアム価格だったはず。購入の際に外商の担当者から「すぐ売らないでくださいね」と釘をさされたらしい。売れば利益が出てしまう状況なのだから致し方はないのだが(笑)。

 そのRef.116520だが、現在の中古相場は180〜200万円。特にN氏の場合は購入したのが2016年の夏だったらしく、ということは最終品番の可能性は大きい。もしそうだとするとさらに希少性が高まり200万円オーバーの可能性も出てくる。着けるのをやめて保管とまでは言わないが、せめて週末だけとかにしたほうがいいよ、と助言はしたのだが。。。。

 さて、一方の現在のデイトナRef.116500LNの実勢価格だが、定価127万4400円に対して約250〜260万円と倍以上。プレミアム価格のレベルが尋常ではない。さすがに上がりすぎたためか、今年に入って値上がり傾向もいっぷくしたようだ。そのため「もっと下がりますか」とよく聞かれるのだが、こればかりは「下がるかもしれないし、また上がるかもしれない」としか言いようがない。「欲しいと思ったときこそ買い時」と割り切るしかないように思うのだが。

<コスモグラフデイトナ|Ref.116500LN >今週の安値相場: 2,560,000円(2019年4月12日更新)

 ロレックスの市場価格についてはいずれ触れたいと思う。もし、購入を考えていて気になるという方は3/30売りのPOWER Watch 5月号(No.105)で「激変!ロレックス市場のいまを読み解く」と題した特集をやっているので、ぜひ、そちらもチェックしてほしい。

  ということで、今回からスタートした【ロレックス(ROLEX)】通信。各モデルのことはもちろん、相場や人気の動向。はたまたトピックなど、ロレックスにまつわる話題を、あまりテーマにこだわらずビギナー向けにまったりと連載していきたいと思う。

これは現在好評発売中(3/30売り)のPOWER Watch 5月号(No.105)「激変!ロレックス市場のいまを読み解く」。モデル別に価格動向も掲載。

週間ロレックス相場はこちら

 

 

 

 

 

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

 

関連記事

  1. 【6月30日(土)締め切り間近!】

  2. 「アウトライン(OUTLINE)」裏話【第1回】オリジナルブランドを作…

  3. やっぱり旧型が買いかも!?

  4. A.ランゲ&ゾーネの世界1本限定がフィリップスで競売に!

  5. ポール・ピコが再上陸!

  6. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.04】オーデマ ピゲ

  7. 明けましておめでとうございます

  8. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.05】モンブラン

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計