日本製自動巻きで何と3万円台。1940年代の軍用時計を再現した新作第2弾!

スモールセコンドを備えた往年の
軍用時計を再現したかった!

 私がプロデュースするオリジナルの時計ブランド“アウトライン(OUTLINE)”。このほど第2弾のコレクションがようやく完成したので紹介させていただきたい。

 今回の新作はズバリ1940年代に活躍した軍用時計がモチーフである。

 時計はそもそも2度の世界大戦によって技術的に進化を遂げてきた。特に戦闘機や爆撃機といった航空機が結果を大きく左右するほど戦術的に重要な位置付けだった第2次世界大戦は、腕時計を飛躍的に進化させたと言われる。

 それは、コンピューターなどなかった当時、腕時計は作戦行動において様々なミッションを遂行するうえでとても重要だったからだ。そのため、正確さ、堅牢さ、そして視認性が追求された。そのためそのデザインは実用に即した機能的な美しさを備えており、アンティークウオッチの世界でもファンは多い。

 そして今回、そんな当時の雰囲気を壊さないように気を遣いながら再現した。そして製作に当たって最もこだわったのは、秒針が独立して小さなインダイアルで表示される、いわゆるスモールセコンド(以降スモセコ)仕様にすることだった。

 やはりこの時代の時計と言えば6時位置のスモセコは必須。特に軍用タイプとなればこれがあるとないでは随分と趣が違ってくるからだ。

 ただ、意外に思われるかもしれないが、一般に供給されている日本製の自動巻きムーヴメントで、スモセコ機能が付いた機械は、シチズン傘下のミヨタ社の8000番台だけ(ちなみにクォーツ式にはある)。しかも場所は6時位置ではなく4時半。そのため日本製機械式汎用ムーヴメントを採用し、6時位置にスモセコがある商品を、恐らくはみなさんもほとんど見たことはないのではないか(あったらゴメンなさい)。

 そこで今回、ムーヴメントをスモセコが6時位置にくるように右回りに回転させてセットした。リューズが4時半位置に来ているのはそのためなのである。

 ちなみに、リューズは3時位置が一般的だが、軍用時計などのフィールドウオッチの場合は、4時半位置に来ることはゼロではない。手首の激しい動きで手の甲をリューズで傷を付けないようにするために、あえて4時半位置にセットする場合があるからだ。

 さて、今回は12時間表示と秒表示タイプの2種類のデザインを用意した。12時間表示のタイプは、いわゆるイギリスなどで陸軍に採用されていた軍用時計の鉄板とも言えるデザイン。もう一方は、ドイツ空軍の爆撃機などのナビゲーターが使用していた航空時計をモチーフにしたデザインだ。

 なお、後者については誤解のなきようひと言付け加えておきたい。秒表示が大きく扱われているのは、当時夜間の偵察の際に暗闇のなかでも秒単位で正確な経過時間と進路を記録できるようにするためのものだ。そのため本来はセンターセコンド(秒針が時分針と同軸にあるタイプのこと)でなければならない。しかし、今回は冒頭でも触れたようにスモセコにこだわったことと、見た目のカッコ良さから、このデザインをあえて採用している。

軍用の雰囲気を出すために
こだわったのはこんなところ!

ドーム型プラスチック風防で当時の雰囲気を演出

 風防ガラスは1940年代の雰囲気を少しでも忠実に再現するために、当時と同じようにアクリルガラス製、つまりプラスチック風防を採用。そして、さらにふっくらと盛り上がったドーム型とすることでグッと当時の雰囲気を強調している。

2段階処理で数字を立体的にハッキリと

 アラビア数字のインデックスは立体感が出るように白いペイントで数字をプリントした後、その上に色を加えて文字が焼けたようにエイジング処理を施したスーパールミノバ夜光を塗布している。そうすることで数字をハッキリさせて視認性を高めた。

軍用識別標識の刻印のような雰囲気に

 ネジ込み式の裏ブタには防水表示や素材などのスペックの一部を刻印し、1940年代当時の軍用時計に見られた軍用識別標識の刻印のような雰囲気に仕上げている。1〜150までの限定個数のシリアル番号もここに刻印される。

実際に会社で着けてみた

 12時間表示はクラシカルで落ち着いているため、スーツスタイルにも問題なく合わせられると思うが、60秒表示タイプは、二桁数字が若干個性的に感じるため、スーツよりはジャケパンスタイルのほうが無難ではないかと思う。

 なお商品の詳細は、現在、編集部が運営するクラウドファンデイングサイト「ウオッチメーカーズ」に掲載している。ぜひ、そちらをのぞいてみてほしい。

「WATCH Makers(ウオッチメーカーズ)」 https://watchmakers.en-jine.com/projects/outline2

ミリタリーType 1940

【SPEC】Ref.YK19001-12(12時間表示)、Ref.YK19001-60(60秒表示)/ SS(38mm径)/5気圧防水(日常生活防水)/自動巻き(日本製Cal.MIYOTA8245)/各3万8800円(組み立て:日本)

文◎菊地吉正(編集部)/写真◎笠井修

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

関連記事

  1. 2017 ROTARY新作フェアが開催

  2. ゲリラ豪雨でもガンガン使える、“モレラート”の新作ラバーベルト

  3. 編集部が選んだ買いのダイバーズ7選/SINN(ジン)

  4. ヨルク・シャウアー氏がスピンドル新丸ビル店に来日!

  5. 完成度がすごい、セイコーの「機動戦士ガンダム」放送開始40周年限定モデ…

  6. ファーブル・ルーバが企業のエベレスト登頂をサポート

  7. 「仮面ライダージオウ」にファーブル・ルーバの腕時計が登場

  8. ショーン・オロロジープロジェクトが本日終了になります

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計