注目作をユーザー視点で本音レビュー! 話題の新作インプレッション/ペキニエ

PEQUIGNET MANUFACTURE
ペキニエ マニュファクチュール

日仏交流を祝う限定第4弾

 

自動巻きモデル初の
シンプルな3針モデル

ペキニエのコレクションのなかから、2018年12月にリリースされたばかりの限定モデルを紹介する。
2018年は日仏修好通商条約の調印から160周年を迎えた年。フランスブランドでもあるペキニエは、それを祝う記念モデルとしてリュー ロワイヤルをベースにした5種類を計160本限定で昨年リリース。フランス国旗にちなんだ赤、白、青のトリコロールカラーがデザインに採用された。ここに取り上げたのは、その第4弾。自動巻き最後のリミテッドモデルだ。
今回は、すでに発売されている3作とは違いシンプルな3針仕様で登場。実はこの仕様、通常のレギュラーモデルにはラインナップされておらず、現在はこの限定でしか手に入らないという代物なのだ。しかも40本限定とかなり少ない。
搭載されているのはもちろんペキニエが自社で開発し、88時間ものロングパワーリザーブを誇る実力機だ。それでいて60万円台。一考の価値は十分あるのではないだろうか。

リュー ロワイヤル 1フォンクション トリコロールハンズオンブルー

ベースモデルのリュー ロワイヤルは、ムーヴメントを自社で製造するフランス唯一のマニュファクチューメーカーであるペキニエの旗艦コレクション。デザインもクラシカル&モダンな雰囲気で、まさにフランスならではのセンスの良さを感じる。そして、最大のウリはそれらに搭載される自社製ムーヴメントにある。センターシャフトドライブという世界初の独自機構によってシングルバレルながら88時間ものロングパワーリザーブを誇る。
■Ref.9010073FJ。SS(42㎜径)。100m防水。自動巻き(Cal.Calibre Royal/EPM01)。62万6400円

 

|着けてみました|

ケース径は42mmと大きいが、意外にも着けた感じのフィット感は悪くない。恐らくはケースのラグ部分が短いため手首の幅に納まるからなのだろう

Detail Check

 

◎GOOD  仕上げも素晴らしい

ムーヴメントの細部にまで見事な仕上げが施されておりかなり美しい。少し偏芯したローターのためテンプ周りがスッキリし見応えも十分

◎GOOD  高級感が伝わる作り

ちょっとしたアクセントを加えるラグの造形、丸みを持たせたケースサイドなど、高級感漂う丁寧な仕上げなのが見て取れる

△ NO GOOD もう少し厚さを抑えたい

ケース厚は12.5mmとちょっとしたスポーツモデル並み。デイトもないシンプルな3針だけに、可能ならばもう少し薄くしてほしかった

(レビュー記事◎菊地吉正/写真◎笠井修)

 

【問い合わせ】

カリブルヴァンテアン
☎︎ 03-6206-2333
ペキニエ マニュファクチュールの公式サイトはコチラ

関連記事

  1. A.ランゲ&ゾーネ主催の時計師育成コンテストで優勝した、トースティ・ラ…

  2. ニューヨーク発のファッションブランド“KENNETH COLE”が新作…

  3. この冬も登場! URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)が別注…

  4. 世界にたった1本。 TAG HEUER(タグ・ホイヤー)がモナコ50周…

  5. デイリーユースに最適、ブルーを効かせた“Swatch(スウォッチ)”の…

  6. 発売即完売となった“ディーワンミラノ”の人気モデルが先行予約受付を開始…

  7. 10周年を迎えた“エンジェルクローバー”から、トノー型のソーラー時計が…

  8. ランゲ1のアニバーサリーエディション第3弾

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計