【日本橋三越ワールドウォッチフェア】20ブランドが一堂に集う“ドイツ時計フェア2020”を同時開催中!

 東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日。今年はそれからちょうど30年目となる。そこで現在開催中の第23回日本橋三越ワールドウォッチフェアでは10月27日(火)まで「ドイツ時計フェア2020」も同時開催している。

 実のところ6月に開催されて大好評だった企画で、今回はさらに参加ブランド数が増えて全20ブランドとなった。クロックから腕時計まで一度にこれだけのドイツ時計が見られるのはまさにここだけ。時間があればぜひ会場に立ち寄って、ドイツ時計の魅力に触れてみてはいかがだろう。

■開催概要
・開催期間: 10月27日(火)まで
・開催場所:日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリー
・問い合わせ先:03-3241-3311

・参加ブランド(アイウエオ順)
【腕時計】A.ランゲ&ゾーネ、ヴェンペ、クドケ、グラスヒュッテ・オリジナル、ダマスコ、トーマス・ニンクリッツ、チュチマ・グラスヒュッテ、D.ドルンブルート&ゾーン、ノモス・グラスヒュッテ、ハンハルト、ヘンチェル、ポルシェデザイン、モリッツ・グロスマン、ユンハンス、ラコ、ラング&ハイネ 
【クロック】ウルゴス、エルウィン・サトラー、キニンガー、ヘルムレ

10月25日(日)15時からインスタライブを配信

 なお、10月25日(日)15:00からは、業界初のドイツ時計専門誌「ドイツ腕時計」を4号にわたって出版した、当サイト、総編集長の菊地吉正が「なぜ、グラスヒュッテはドイツ高級時計の聖地と呼ばれるのか」をテーマに、ドイツ・グラスヒュッテ時計産業の歴史についてのインスタライブが「日本橋三越本店公式Instagram」で行われる。

菊地吉正(KIKUCH Yoshimasa)
「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。2013年にはMOOKとして業界初のドイツ時計専門誌「ドイツ腕時計」を刊行。出版した第1〜4号はすべてドイツ国立図書館にドイツ語に翻訳されて収蔵されるなど高い評価を得た。なお2018年からは紙からデジタルに移行、ドイツ時計専門のWEBマガジン「GERMAN WATCH.jp」として情報発信を続けている。

文◎編集部

オススメ記事

  1. 全11ブランドが一堂に揃う「ドイツ時計フェア2020」を、銀座三越 6…

  2. 【ローマン・ゴティエ】時計の完成までを追った映像作品

  3. 【最新のコラボウオッチをいち早くチェック】“アンダーン”のコレクション…

  4. 【様々なインディペンデントブランド時計が銀座三越に集結】“UNIVER…

  5. 【早速行ってきました】第24回 三越ワールドウォッチフェアの見どころを…

  6. 手巻き時計のデッドストックを40〜50年代風に再生した1980リビルド…

  7. ご存じですか! 月額500円で100冊以上の時計誌が読める独自の読み放…

  8. 日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリーで17ブランドが一堂に集う「ド…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計