ご存じですか! 月額500円で100冊以上の時計誌が読める独自の読み放題サービス

初めての人なら最初の5日間は無料で利用できる!

 またもや緊急事態宣言が発出されてしまいましたね。そのため再びリモートワークになった方も少なからずいるのではないか。加えて外出を控えるなどして、特に週末などは時間を持て余してしまっている、なんて人も多いだろう。

 弊社の宣伝で恐縮だが、そんな週末の巣篭もりライフをより有意義に過ごすためのサービスをひとつ紹介したい。実はあまり知られていないのだが、それはパワーウオッチを筆頭とする弊社刊行物が月額500円(税別)でスマホやタブレットで読み放題になる、最近はやりのサブスクリプションサービスだ。

最新号からバックナンバーまで100冊以上が月額500円。PCには対応していないがスマホ&タブレットなら5台まで接続可能だ

 その名も「Watch LIFE LIBRARY」。パワーウオッチをはじめ、ロービートやタイムギアなどレギュラー誌の最新号はもちろん、それらのバッグナンバー(ロービートは絶版したものも含めて全18号収録)から“ゼロからわかるロレックス”のような不定期刊行のMOOKも含めて100冊以上が何と読み放題となる。

しかも、初めての人は申し込みから最初の5日間はお試し期間として無料。まずはどんなものか、ぜひ一度活用してみて欲しい。

パワーウオッチなどのバックナンバーにおいて人気のあった特集記事や連載コラムなど、Amazonなどの電子書店では販売されていないWatch LIFE LIBRARYだけのコンテンツを楽しめるのもポイント!

時計専門誌の読み放題サービス「Watch LIFE LIBRARY」

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. 世界25本限定を発表。それはフライング・トゥールビヨンを生み出したドイ…

  2. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.00】 久しぶりのジュ…

  3. 【第11回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|あまり知られていない197…

  4. 【動画】GERMAN WATCH.jp の編集長が語る!「ドイツ時計産…

  5. 【ロレックス】通信 No.033|新型コロナの影響か、最大17万円の下…

  6. 中秋の名月(9/21)はムーンフェイズ付き腕時計でお月見 !? 【OU…

  7. 菊地の【ロレックス】通信 No.093|デイトナのロングセラー、Ref…

  8. 【ロレックス】通信 No.020|新旧デイトジャスト36を実機で比較し…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計